Feb 23, 2006

厚い雲からすきまがのぞく

          

曇りの朝に、龍を思わせるパターン現る

         

data060222_1 

※ナ、ナント昨日、会社の先輩であるitamuraさんが最近使い始めた、カールツァイスをつけたEOS5Dを見せていただく機会がありました。もちろん、条件を確認するうえで何カットか撮影もさせてもらいました。

eos5d_21 この組み合わせ、結構侮れないようです。それどころか、写真で見てお分かりの通り、元々マニュアルレンズ装着を考慮に入れた設計をしているのではないかと思われるほど、全然違和感がないです。

ボケもよく見えて、ピントの山も目で見て確認出来るし・・・。ホント良いですよ、このカメラ。いよいよ本格的に、私のような撮影スタイルに合ったデジタル一眼機種登場のようです。

何とかボディーさえ手に入れさえすれば、今までと変わらないツァイスLIFEを、それもデジタルで続けることが出来るのですが。

いう事は何もない、という感じですが、金額のお話を聞いてやはり・・・・・、今はまだ無理のようです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 09, 2006

朝もやの中で潤ってゆく

         

朝もやの中を行く。みんな潤っている。

         

data060209_2

※「寺家ふるさと村」の名物"もや"。マイナスイオンが溢れ、心地よい散歩日和でした。

眠い夜が続きます。これを打っていて、ところどころ意識が途切れてしまいます。ちっとも進まない写真選考が心配の種なのですが・・・・・。やっぱりもう寝よう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2006

虫たちは何を見ているのだろう

デジカメの液晶画面の跳ね上がりを利用して

地面すれすれローアングルマクロ撮影を試みています。

気分は6×6で、枯葉にスレスレまで寄り、虫たちが見る景色を想像してみました。

data0131pg

※トピックス ; 東京、横浜は今日は雨降り。私は毎日、会社帰りに数駅前で電車を降り、約50分のジョギングをして帰る習慣になっているのですが、今日は歩くか歩くまいかと、電車の中でずーとソワソワしていました。傘をさしている人を車窓から探したり、街灯を見たりしていましたが、夜なのではっきり分かりません。結局、小降りということもあり歩くことに決めました。(成功でした!)

元々、「ネイチャーフォトグラファーは足が命」と鍛錬の目的で歩き始めたのですが、何年も続けて行く内に"快感"となっていて、もう歩かないといられない、という位になってしまいました。きっと、歩くにふさわしい良い環境があること、色々構想を練ったりする考える時間が創れること、などが快感の原因です。何より帰ってからの食事の美味しいこと!

年々歩く距離がエスカレートすること、美味しすぎてあるものすべて食べ尽くしてしまうという、いくつかの問題点もありますが・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 29, 2006

トラクターが創るモニュメント

冬の朝を俯瞰で眺めるとあちこちに面白い造形を見ることが出来ます。

トラクターのターンの模様が冬の今まで残り、面白いモニュメントに変化していました。

竜やワニのような顔に見えてきませんか? 冬の田んぼに見られる愉しみのひとつです

data0129pg

※写真展開催への道 : そろそろ準備しないとまずいと思い、今日、自前のプリンター(EPSON PX-G5000)でいくつか試し刷りをしてみました。A4で数枚の失敗の後、半切サイズでのプリントを出してみました。結果は、設定次第とは思いますが、結構良い出来で仕上がりそうな印象です。このプリンター、どうやら光沢が一番乗りが良さそう。ただし、一枚出すのに、顔料インクがガンガン無くなるのも・・・(びっくり!)。まあ、何を出品するかという、根本的なことがまだ決まっていないのが最大の課題ではありますが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)