Jul 08, 2020

光を編む

200620_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️普段は鬱陶しいと感じるクモの糸ですが、このように面で編み込まれたそれは逆に魅力的。

光が反射して多彩に見えていました。葉とのバランスを意識しながら構成しています。

長く感じる梅雨時、この時期ならではを愉しんでいきます。

 

| | Comments (0)

Jul 07, 2020

居心地

200620_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️田んぼの中は鴨にとってサンクチュアリィ、きっと居心地の良い場所、そんな感じを表現してみました。

光と波紋と表情、いくつか切った中で一番イメージに合うカットを選んでいます。

これらを取り巻くこの里山は、彼らと同様に我々も居心地の良い空間。

 

| | Comments (0)

Jul 06, 2020

小径に朝日

200620_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️靄立つ朝、谷戸の奥でのんびり眺めていると、葉を突き破って差し込む朝日に気づきました。

光軸の見える小径の朝日は大好物、梅雨時のもったりしたそれを、開放の柔らかな表現で切り取ってみました。

週明けの雨音を聞きながら更新始めます。

 

| | Comments (0)

Jul 05, 2020

不思議な草

200616_9Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️これまでここであまり見かけない草、葉や花(?)の感じを見ると外来種なのかも知れませんが、ちょっと気になったので。

杉林辺りの路を背景で取り込んでいます、ご存知の方はもうどの辺りか分かりますよね。

まあ普通これを狙おうとは思わないモチーフでしょうね。

 

| | Comments (0)

Jul 04, 2020

樹上の気

200616_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️樹の上につる草が絡まって、まるで我が物顔で違和感なくそこにあるのを見かけました。

樹には鬱陶しいことかも知れませんが、それは何だか迫力みたいなものが感じられました。

感じるポイントにフォーカス、細部に宿る何かをイメージしていきます。

| | Comments (0)

Jul 03, 2020

巨獣の目

200616_8 Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️雲で霞む太陽がちょうど“目”に見えていました。その時は巨獣と思って切っていましたが…。

よく見ると、マペットキャラっぽい愛嬌のある顔をしてますね。ワイドレンズで目が飛ばないようアンダー目に。

雲はいろいろ想像しながら観て愉しんでいます。

| | Comments (0)

Jul 02, 2020

土手の彩

200616_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️土手の蔓草、田んぼをかざすと何だか心地の良い夏の彩になりました。田んぼは私にとってその周辺を含めてモチーフの宝庫。

田んぼを逆光向きに立てるポイントの一つ、蔓の影はここではアクセントとして…、いかがでしょうか?

少し前ですが梅雨休みの晴れた朝からいくつか紹介していきます。

 

| | Comments (0)

Jul 01, 2020

梅雨若葉

200614_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️深みを増す雑木の葉、その先には鮮やかな若葉が。梅雨時に見つける楽しみの一つ。このコントラストが魅力。

小雨降る中で見上げるので、レンズの吹き込みに配慮しなければなりません。雨の日は傘とタオルを駆使しています。

新緑の頃とはまた違う生命力を感じています。

 

| | Comments (0)

Jun 30, 2020

小雨

200614_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雨降りの様子、それも小雨の雰囲気が魅力的で、何とかそれを感じられるポイントから狙ってみました。

雨降りを切り取るのは意外と難しく、特に小雨はよく分からなくなってしまうことが多いですね。

この木は今ピンクの花がついています。

 

| | Comments (0)

Jun 29, 2020

漂う

200614_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️池のようですが田植え前の水田、映り込む緑と鴨が穏やかな模様をつくり出していました。

多分ここは麦の収穫を終えた後のポイント、鴨の動きがさりげないこのカットをいくつかの中から選択しました。

小雨降る静かな朝からいくつか紹介していきます。

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧