Nov 25, 2020

旬の頃

201111_7Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️ここらしい路を背景に入れながらの紅色の葉、季節ごとに見せる彩を配して切り取るお気に入りのポイント。

鮮やかな時は割と続いているようで一瞬、旬の鮮やかな秋彩、今年は私なりに出会えたと思っています。

ライブは晩秋の趣に移っていますがもう少し続けます。

 

| | Comments (0)

Nov 24, 2020

清楚

201111_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️鮮やかに染まった朱の中にも、よく見るとさまざまな模様や濃淡があり深みを感じました。ハゼノキの彩が今季が際立っていました。

綺麗な箇所にダイレクトに迫り、じっくりと、そして静かに切り取った一枚。平凡なアングルですが印象の清楚感は出ていると思います。

移ろいの最盛期はやはり魅力なのでおさえていきます。

 

| | Comments (0)

Nov 23, 2020

錦秋

201111_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️朝日の低い光がつくり出した、キリッと鮮やかな秋彩をとらえてみました。雑木がつくり出す多葉な雰囲気が好み。

ちょうど立っていたところが斜光で、コンディションの良い瞬間でした。奥の2本の彩がとても好きな彩。

風の強い日が続き今朝は景色が一変、いよいよ晩秋に向かいます。

 

| | Comments (0)

Nov 22, 2020

溢れ

201106_9Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️何となく見ていて幸せになってくるようなシーン、愛が溢れ出ているように感じていました。

徐々に移ろう、中途ともいえる過程の彩ですが、まだ爽やかさが残るこの辺りが私には魅力的に見えました。

のんびり覗きながら興味を探していきます。

 

| | Comments (0)

Nov 21, 2020

迫る

201106_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️弾けるような勢いある秋葉を見つけました。もちろん止まっていますが、こちらに迫ってくるようでした。

レンズ特性ですが好みのアングル、黄葉に包まれた背景がシーズンの空気感を盛り立てます。

天候に恵まれた三連休、さあどこで覗きに行ってみるか。

 

| | Comments (0)

Nov 20, 2020

ある盛り

201106_6Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️ちょっと前の森の中、彩の複雑な混ざり合いが美しいポイントに出会いました。この時にしか見れないある盛りでした。

奥行き感をつくることで、この多彩な空間に深みみたいなものが出せたかなと思っています。

移ろい過程が大好物のまるで集大成のようなシーン。

 

| | Comments (0)

Nov 19, 2020

ハンモック

201106_5Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️心象風景を一枚、彩の美しい落ち葉がふわっと乗っかるように…、ご機嫌の様子。

この時はパッとこの葉に目が行きました。混じり合った自然の彩色に心打たれます。

今年の秋彩は特に紅が際立っているように感じます。

 

| | Comments (0)

Nov 18, 2020

のむ

201106_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️人工物を入れたカットはあまり撮らないのですが、なぜかこの時は目が奪われました。

のみ込むような勢いと良いバランスでちりばまった彩、良いバランスで覆い被さっていました。

見えなくなってしまいましたがもちろん “山火事注意” 気をつけます。

 

| | Comments (0)

Nov 17, 2020

うす明け

201106_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️この日は朝日から少し経った柔らかな空の模様は美しく、低木のシルエットと共に。

実は久々、真紅に染まる朝焼けが見られた朝でしたが、先陣の方がしっかり撮られていたのでそちらは封印。

どちらかと言うと好みはこっちかも⁉︎ と強がったりして…。

 

| | Comments (0)

Nov 16, 2020

蒼紫な顔

201101_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️レンズを通すと、肉眼では捉えきれない鮮やかな彩が蘇ることがあります。微妙に輝く蒼紫が浮かび上がりました。

冬枯れの前に一瞬見せる、妖気さえ感じる艶やかなそれに魅かれました。今はもうチクチクの花はひっつきの種に。

草から樹へ、鮮やかな秋彩をあちこちに見せ始めています。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧