« December 2023 | Main | February 2024 »

Jan 31, 2024

なぜ彩

240112_21Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️森の木漏れ日がつくり出した何とも言えない彩、こういうシーンが大好物かもしれません。偶然見つけることが出来ました。

逆光気味なので、直接日の光の入らないギリギリのところで。他の枝がとろけるくらい迫っています。微妙な角度で彩が変化するのがまた面白い。

1月最後も暖かな陽気、今年の特徴として楽しみます。

 

| | Comments (0)

Jan 30, 2024

充足

240112_20Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️谷の暗部を背景に浮かび上がる冬木立、理屈抜きに好みのシチュエーション。無意識のうちにファインダーを覗いていました。

周囲の映り込みや幹ぶりに配慮はしながら、ビビっときたポイントへフォーカス。埋め尽くすほどに満たされた小枝が魅力。

冬の日差しならではのシーンを切り取っていきます。

 

| | Comments (0)

Jan 29, 2024

整える

240112_16Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️水辺にかかる冬枝、春に向け今は整えている最中なのでは。そんなイメージを感じたワンシーン。美しい映り込みとともに。

これはやや順光方向から。強いインパクトはありませんが、映り込むとその彩は柔らかく魅力的なのでよく覗きます。

暖冬傾向で間も無く2月、それはそれでありがたいですが…。

 

| | Comments (0)

Jan 28, 2024

呑み込む

240112_15Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️冬のモチーフのひとつ、通称チクチクの草が呑み込まれるようなシーンを、レンズ越しに見ることができました。

重なり合うポジションに立ち、期待とともにファインダーを覗いた時にパッと現れました。想像と妄想は心象風景の素。

などと実は何も考えず対峙しています…。

 

| | Comments (0)

Jan 27, 2024

谷影

240112_13Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️冬田んぼにスポットな光が差し込むとき、このシンプルな光景に心動かされました。静寂を愉しんでいます。

谷戸の立地ならではの光と影、コントラストをしっかり取り、出来るだけ感じたイメージを表現してみました。

静かな朝をそっと覗いてくる、いつものとき。

 

| | Comments (0)

Jan 26, 2024

スパーク

240112_11Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️日が回り始め輝きのピーク、枯れ草から光が放たれているかのシーンを見つけました。カメラ越しならではの発見。

多彩な玉ボケは霜ならでは、どの位置に前景を配置するかでその大きさが変わります。程よいシーンを見つかるかがポイント。

週末どこで覗きにいくか、と考える楽しい金曜日。

 

| | Comments (0)

Jan 25, 2024

きらめき

240112_9Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️霜の朝、枯れ草は宝石のように輝き浮かび上がってきます。多彩なそれらを凝縮するように一枚に表現してみました。

フォーカスが合っていてもそうでなくても、いずれも甲乙つけがたいモチーフ。特にレインボーなボケ部をどう取り込むかがポイントに。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

 

| | Comments (0)

Jan 24, 2024

尾根路

240108_3Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️昼下がりの尾根を歩いていました。冬木立で明るくなった道端ですが、明暗からか少し薄暗い感じに。案外良い雰囲気に。

昼散歩の中振り返りざまに切った一枚、フォーカスとかめちゃくちゃですが、そこがまた効果的にも。暖かい時間帯はいつまでも歩いていたくなります。

週末まで少し冷える予報、備えをしておきます。

 

| | Comments (0)

Jan 23, 2024

えび

240112_3Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️枯れ草の絡まったところ、なんとなくエビに見えてきました。水辺にたたずむ、なんてイメージが頭をよぎっていました。

背景に輝く霜を活かすモチーフを探していた中、偶然見つけたエビ(!)でした。ヒゲを広げた生き生きした姿自体も光っています。

もう少しこの草はらに入っていきます。

 

| | Comments (0)

Jan 22, 2024

始まり

240112_1Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️朝焼けの日、谷間から枯れ草に差し始めていました。一瞬のチャンスを切ったあと、しばらく移ろいを眺めていました。

明暗分かれる力強いシチュエーション、自然写真の醍醐味のひとつと言えます。軸を決め飛び過ぎ、潰れ過ぎに注意します。

魅惑の冬季はまだまだこれから本番。

 

| | Comments (0)

Jan 21, 2024

静閑

240108_1Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️葉の落ちた冬木立を見上げていました。シーズンオフの静かな昼下がり、その時のイメージで表現してみました。

真っ青な晴天の空でしたが、彩度を落としてみると明暗のみが感じられる、より研ぎ澄まされた印象に。この時季ならではの美。

週末の雨にしっかり潤った森を覗きに行かないと。

 

| | Comments (0)

Jan 20, 2024

風を呼ぶ

240107_5Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️綿毛ふわふわのすすき、この時季の楽しみの一つでチェックしています。風が似合う、むしろ呼び込んでいるようにも感じてきます。

淡い彩と柔らかい雰囲気、このシチュエーションにフィットしていました。すすきは手強いながらハマってしまうモチーフ。

週末雪はなさそうですが雨上がりを覗いてみるかな。

 

| | Comments (0)

Jan 19, 2024

金粉

240107_2Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️うっすら朝日の銀から、強烈な直接光になると金の印象、時の経過を彩で表現してみました。魔法(?)の粉をまぶして。

まだ緩い霜、あっという間に溶けてしまうので、何をどう切り取るかは瞬間の判断が必要。様々な光を放つ、迷うほどにチャンスが転がっています。

正解のない自分だけの世界を愉しんでいます。

 

| | Comments (0)

Jan 18, 2024

銀原

240107_3Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️うっすら霜をまとった草むら、キリッと冷え込んだというより、どこか暖かい印象を感じていました。朝日を浴びていたからかも。

暖かな雰囲気を柔らかな表情で、ふわっと仕上げてみました。フレアとぎりぎり差別化できるくらいの空気感もイメージして。

めちゃくちゃ冷えた朝ではない今季らしい景。

 

| | Comments (0)

Jan 17, 2024

スコープ

240103_10Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️光に照らされシルエットとして浮かび上がった残葉、朝日と対峙しているとさまざまな瞬間に出会います。研ぎ澄ましながら。

不思議とくっきり円形のラインが、シンプルなモノトーン調で、力を感じるドキュメントタッチに仕上がりました。

週末の予報が気になりますがそれもまた楽しまないと…。

 

| | Comments (0)

Jan 16, 2024

バブル

240103_7Canon EOS R6 Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️泡のような雲、視点を変えると吹き出してくるようなエナジーを感じるシーンに。意識を切り替え印象のままに。

変化がどんな造形をつくり出してくれるか、絶景に撮らされない! よう意思だけは先廻りして魅力に対峙しています。

尾根と空のバランスを楽しんでいます。

 

| | Comments (0)

Jan 15, 2024

ふわふわ

240103_6Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️空いっぱいに泡が飛び出したような不思議な雲、これまであまり見たことがありません。印象のまま柔らかな雰囲気で。

空の表情は刻一刻と変化するので、魅力と感じたポイントは迷わず切っていきます。自然がつくり出す造形に感謝、撮らせていただいた(!)一枚。

移りゆく変化を新年から記しています。

 

| | Comments (0)

Jan 14, 2024

240103_9Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️見た瞬間から漢字! が思い浮かぶ整ったシーンを切りました。どんぐりの紅葉はユニークな造形をちょっと長く楽しませてくれました。

彩の移る巣の部分を中心に、葉全体を表現しないことで、迫力みたいなものを出してみました。雨上がりの鮮やかな彩。

雲の魅力の中休み、また空に戻ります。

 

| | Comments (0)

Jan 13, 2024

獲物

240103_3Canon EOS R6 Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️不思議で魅惑の雲が次々湧いてくる、こんな朝は空を見続けています。獲物を仕留めるような、そんなシーンが浮かびました。

朝焼けは逃しましたが、この日の空はその後も十分に楽しませてくれました。飛びつくようなイメージを濃密に、淡々と。

不思議な空模様を中心にもう少し続きます。

 

| | Comments (0)

Jan 12, 2024

プリンス

240103_1Canon EOS R6 Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️年明け後の綺麗な朝焼け、浮かび上がる薄雲がマントでも羽織った、どこかのプリンスのように見えてきました。得意の妄想…⁉︎。

この日は雲の表情が豊かな朝焼けでしたが、実は本番には間に合っていませんでした。遅ればせながらなんとか切った一枚、でした。

朝焼けは逃しましたがこの日はこの後、空を中心に楽しむこととなります。

 

| | Comments (0)

Jan 11, 2024

231230_4Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️谷間にある絡み合う枯れ草、シチュエーションが相まって浮かび上がるように目に映りました。大好物のシーン。

ここ、青々としていた季節から見ていましたが、枯れ落ちた今が一番美しく感じます。彩を極力排除し、モノクロームなトーンで。

谷戸の冬は特に感性を研ぎ澄ますチャンス。

 

| | Comments (0)

Jan 10, 2024

231230_6Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️水辺に映し出された光とその影、早朝のそれは特に美しい。小さな池が輝くときをしばらく覗いていました。

差し込む光に露出は合わせ、周辺はぎりぎりつぶれない程度に表現することで、複雑な影模様の訳を感じてもらうように。

今年の活動計画を考え始めています。

| | Comments (0)

Jan 09, 2024

231230_2Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️雑木の大半はすでに枯れ落ちていますが、地面の方を見てみると、どんぐりから芽吹いたナラの葉はまだ盛りが見つかります。

と言っても小さな世界、写真的な視点でないと気付かないし、興味も湧かないかも知れません。多様な彩に魅かれ…。

足元の目線がいよいよ楽しくなるシーズン。

 

| | Comments (0)

Jan 08, 2024

231230_3Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雲の中からがぶり、と口が開いたように青空がのぞいていました。雲はさまざまな造形をつくり出してくれます。

口の中(!)が飛ばないように、全体をシルエットに表現しています。葉の落ちた冬木立はそれによくマッチしてくれます。

障害物のない見渡せる景観が恋しくなります。

 

| | Comments (0)

Jan 07, 2024

休息

231230_1Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️冬木立に鳥が2羽停まっていました。穏やかな朝の、のどかなシーンをのんびり眺めている時のこと。もう少し留まっていて…。

望遠はここまで、これ以上寄ることは出来ませんでしたが、自然写真家としてはこれでベター。シルエットの中に溶け込んでくれました。

暖かな年明けから少しずつですが冷えてきているようです。

 

| | Comments (0)

Jan 06, 2024

Power

231223_7Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️尾根みちの森の中、木漏れ日に小葉が照らされる瞬間が、通りがかりでチラッと目に入りました。見逃しません。

直射日光でない角度を選びながら、照らされる葉が飛ばない中、力強さみたいなものを表現してみました。

正月気分もそろそろ、作品づくりに励みます。

 

| | Comments (0)

Jan 05, 2024

木立

231223_5Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️葉の枯れ落ちた枝に、朝日が当たり浮かび上がっていました。こういうシーンは大好物で見逃せません。じっくりと。

コントラストを適度に、ほどよく環境は残しながら。柔らかさとキリッとさ、いずれも表現したいと思っていました。

シンプルなモチーフに魅かれてしまいます。

 

| | Comments (0)

Jan 04, 2024

231223_6Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️谷戸の奥、ここは私の知る頃からずっとこの景観、枯れ草が渦を巻く冬景に心が動きました。深い深い何かがそこに。

印象のまま彩度を落とし、モノクロに近い表情に。地味できれいなシーンではありませんが、染み入るそれであれば。

心魅かれるシーンを感じたままに、今年も続けます。

 

| | Comments (0)

Jan 02, 2024

なにもの

231223_3Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️冷えてきた朝には田んぼに氷、様々な表情を見せてくれます。何かの横顔にも見えてくるのですが…、なにもの?

まだまだカチッと冷えた朝は少ないのは、今季の暖冬を感じますが、これまでもこんな年はあった気がします。

その年らしさを感じて切り取っていきます。

 

| | Comments (0)

Jan 01, 2024

231223_4Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ちょっと冷えた朝、用水路の落ち葉から“瞳”見つけました。何やら生き物でも潜んでいるのか、など妄想しながら眺めていました。

飛び散る水滴が固まってできた造形、暖冬ながら徐々にスイッチの切り替わる瞬間を。ちょっとした移ろいを見つける、変わらずマイペースで。

本年もよろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

« December 2023 | Main | February 2024 »