« November 2023 | Main | January 2024 »

Dec 31, 2023

浮き氷

231223_1Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️池に氷が、と言ってもまだ浮いている感じ。それでも、木立のシルエットとのハーモニーが美しい。印象のままに。

ガチガチに張るのは年明けになるでしょう。谷戸のあちこちで冬景が始まっています。それを見つけていくのが楽しみ。

今年の更新はここまで、良いお年をお迎えください。

 

| | Comments (0)

Dec 30, 2023

風まかせ

231223_2Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️柔らかなススキの流れ、風に任せて吹き流す姿は共感するものがあります。初冬の無機質な彩に合わせて。

ススキ、魅力的ながら手強さを併せ持つモチーフ、観た印象のまま切り取れたらと、この季節はいつもながめています。

今年残り2日、暖かな年末の景を少し覗いて来ました。

 

| | Comments (0)

Dec 29, 2023

舞い散る

231217_4Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️晩秋の水辺は本当に美しい、散り落ちたはずの葉が、また舞い上がって映し出されていました。ドラマチックな気分で。

よくやることですが、もちろん肉眼ではこうは見えません。天地を変えることで、非日常なシーンがつくり出せる、写真のマジック。

穏やかにのんびり楽しみたい、今の気分です。

 

| | Comments (0)

Dec 28, 2023

玉蟲

231217_5Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️どんぐりから育ったナラの低木、不思議な彩を放つ葉を見つけました。何とも言えない微妙なそれを例えると玉蟲かな。

そして先端から若葉が⁉︎ 暖冬の仕業かも知れません。不思議な彩や造形をつくり出すので、この時季目線をやや下げて探します。

忙しい年末年始、いつ覗きに行くか考えています。

 

| | Comments (0)

Dec 27, 2023

呑む

231208_12Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️斜面を登る人と晩秋彩、この時期に立つポイントの一つ。光と影が程よいバランスとなり、主題だけを浮かび上がらせてくれます。

数日後には無くなることになる彩、この時は知る由も無く来週でも?と頭をよぎっていましたが…、切っておいて良かった。

そんなことの繰り返しで長い間覗いています。

 

| | Comments (0)

Dec 26, 2023

突く

231208_4Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️朝日のピンな光が残り葉に、燃え尽きる前のチカラみたいなものを感じました。晩秋の彩を浴びながら。

このカットは何と言っても背景のボケが決め手、勢いのある躍動感をつくり出してくれました。単調なモチーフにアクセントを。

穏やかな年末をどう締めるかを考えています。

 

| | Comments (0)

Dec 25, 2023

レインボー

231208_10Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️道端の草の彩に目が停まりました。背景を含め混ざり合ったシーンは美しく、しばらくながめて味わいました。

柔らかなフォーカスながら、直線的モチーフが印象をしめてくれました。こういう出会いがあるので、あらゆる視点を大切にしています。

休み気分も今日は月曜日、年内最終週を乗り切ります。

 

| | Comments (0)

Dec 24, 2023

水辺を彩る

231208_6Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️池の周りは一際鮮やかな彩が見つかります。映り込む光を柔らかく浴びた葉は、目に優しくほんわり輝いていました。

言われないと水辺と分からないのでは?照りだけ残し、端の黄が際立つよう構成してみました。少し離れて雰囲気を味わってもらいたい一枚。

クリスマスイブですがいつも通りマイペース…。

 

| | Comments (0)

Dec 23, 2023

晩秋の前

231208_3Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️谷戸の雑木が本格的に彩りを見せ始めた週末、薄暗い道を行くその景観をながめていました。なんと気持ちの落ち着くとき。

朝焼けの助けで雰囲気は出ていますが、実際はまだまだといったところでした。今年は暖かな日が続き、年明けまで楽しめるかなと思っていましたが…。

自然はちゃんと帳尻を合わせてきます。

 

| | Comments (0)

Dec 22, 2023

231202_9Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️いつも立ち寄る尾根のポイント、二種の重なり合うさまがいつも美しい。エナジーを感じたところにフォーカス。

この時はまだ早いかなと、来週を期待してこのカットだけにしましたが…、強風が続き翌週にはハゲ山に⁉︎撮っておいて良かった。

自然は一期一会、を改めて実感しています。

 

| | Comments (0)

Dec 21, 2023

白日夢

231202_8Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️尾根の森の中、一際鮮やかな黄彩をみかけました。まぶしいその白日夢のような世界を印象のまま切り取ってみました。少し前。

柔らかなソフトフォーカスでも使ったかの仕上がり、気に入っています。鮮やかな時は一瞬、記しておいて良かった一枚。

のんびりしていたらあっという間に冬模様、今年の移ろい。

 

| | Comments (0)

Dec 20, 2023

チクチクの里

231202_6Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️服にくっつく“チクチク”の草が集まっているポイント、薄霜におおわれた姿はちょっと魅力的、冬への移ろいを感じます。

気づかないうちにくっつく鬱陶しい存在でもありますが、モチーフとしては楽しい造形。変身(!)前の花葉から見ています。

少し変わった今年の移ろい、ゆっくり楽しんでいます。

 

| | Comments (0)

Dec 19, 2023

紅帯

231202_2Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️朝焼けの日差しが当たり始めた頃、秋彩がさらに際立つその時を通り抜けていきます。一瞬の間をとらえていきます。

明暗いずれもつぶれない、ギリギリのところで。光の帯がこぼれ落ちる!辺りのところに通り過ぎる人を配置、した訳ではありません。偶然。

週末の強風ですっかり枯れ落ち、一気に冬景色となっていました。

 

| | Comments (0)

Dec 18, 2023

薄霜

231202_1Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️暖かい日が続いていましたが、これは少し前の冷えた朝、収穫後の稲穂にうっすらと霜が着いていました。印象のままに。

散乱した感じが写真的には良い雰囲気に、ややコントラストは強めに、ぱっと見で霜と認識できるよう仕上げたつもりです。

冬らしい今朝の寒にマッチした朝景、いよいよらしくなってくるか。

 

| | Comments (0)

Dec 16, 2023

231125_10Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️秋彩が複雑に混ざり合う、気になるシーンを見つけました。混沌とした雰囲気そのままに表現してみました。

どこにフォーカスしているか分からないくらい、ふわっと柔らかい感じに仕上げています。紅だけになりきらない…、魅かれます。

変化の大きい週末、明朝覗きに行ってみます。

 

| | Comments (0)

Dec 15, 2023

231125_7Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️等間隔で蝶が舞っているよう、おもしろいシーンを見かけました。気になったものは迷わず切っていきます。

葉彩が浮き出るようなコンデションをさらに生かし、枯れかけの表情をとらえてみました。こんなシーンが好みです。

さあ週末、天候を見ながら晩秋の景を覗きにいきます。

 

| | Comments (0)

Dec 13, 2023

土手の中

231125_8Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️田んぼへ降りる斜面、草は秋彩につつまれ長く続いていました。しばしその中に入り込んで覗いてみることに。

絡み合う表情が魅力的で、季節ごとに見ているモチーフ。寄りで切り取ることが多いのですが、このときは空間を取り込んで。

今年は特にゆっくり秋を楽しめている気がします。

 

| | Comments (0)

Dec 12, 2023

ハラっ

231119_1Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️微妙な彩に移ろう葉はハラリとそよいでいました。どこか柔らかな雰囲気を感じました。印象のままに描写してみました。

昼下がりの散歩途中、単焦点一本手持ちで歩き回るのはまた楽しみ。迷いなく潔く、そして自由にねらえます。多少のボケはアジに。

今日はちょうど雨の後の昼下がり…、行きたいなあ⁉︎

 

| | Comments (0)

Dec 11, 2023

暖日

231119_4Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️暖かい日の昼下がり、樹木が映り込む小さな池を眺めていました。早朝とはまた違う、うっすら霞むような情景に魅かれました。

出来るだけ見た印象のまま、これはもちろんリアル再現という意味ではありません。浅いコントラストと彩度でネガっぽく。

水辺はワクワクが沢山見つかり楽しめます。

 

| | Comments (0)

Dec 10, 2023

染めむら

231118_8Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️葉先に緑が残る、ちょっと不思議な、でも気になるシーンを見かけました。光のムラはなぜできたのか…、チャームポイントを眺めながら。

池の柵沿いのため、それが写り込まないよう気にしながらのアングル。映し出された世界はそんなことを感じさせないように。

季節外れは承知、じっくり移ろいを紹介していきます。

 

| | Comments (0)

Dec 09, 2023

浸る

231118_7Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ひたひたに浸かった朴の落ち葉、収穫後の田んぼに重なり合って蒼いじゅうたんのように。晩秋の魅力のひとつ。

普通サイズの落ち葉が乗り、朴葉がいかに大きいか分かります。彩を生かしながら、濃厚な仕上がりを心掛けています。

穏やかな晴天の朝、今朝は寝過ごしました…。

 

| | Comments (0)

Dec 08, 2023

ゴースト

231118_6Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️低木やつる草が山となって…、なんだかオバケみたいな塊に見えてきました。そんな印象のまま切り取ってみました。少し前です。

“ゴースドバスターズ”世代だからかも。ハゼの紅部を角に髪に見立て、まあ後はいいですね⁉︎複雑に混ざり合う彩にも注目ください。

季節外れの暖かさ、移ろいはまたのんびりしそうです。

 

| | Comments (0)

Dec 07, 2023

彩イルミ

231118_5Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️低木の秋彩が路を囲み、きらきら輝いて見えてきました。灯りではありませんが、彩のイルミネーションのよう。

暗部は落とし、より彩が際立つよう構成したところ、それらが浮かび上がるような表情が現れてきました。隠れた魅力が見つかる、これもまた醍醐味。

季節外れの暖かさが週末にどう影響するか、今年の変化を楽しんでいきます。

 

| | Comments (0)

Dec 06, 2023

荒荒

231118_4Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️紅に染まる濃厚なとき、燃え尽きる前のエネルギッシュな姿は魅力的でした。しっかりと記憶におさめておきます。

この中でも微妙な彩りの残るポイントにフォーカス、自然環境のちょっとした変化が感じられる瞬間が好み。

移ろいはゆっくりですが、雑木の彩に興味が変わってきています。

 

| | Comments (0)

Dec 05, 2023

薄化粧

231118_2Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️それそれが微妙な彩りに目に留まりました。どれもが強く主張しすぎない、薄化粧の表情に魅かれたのかもしれません。

コントラストは保ちつつ、彩度は印象のまま落とし気味で。あえて変化のないアングル、静けさを落し込むように。

少し前ですが、今年はゆっくり移ろっているようです。

 

| | Comments (0)

Dec 04, 2023

晩秋の里

231111_3Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/茅野 長野 

▪️️️️エコーライン沿いの高原谷戸というのでしょうか?夕暮れ間近のどんよりした雰囲気が、これもまた晩秋の印象を強めてくれます。

日を浴びていないカラマツの彩もまた深く、頭は隠れていますが、背景の八ヶ岳の青とのコントラストが美しい。

今年の山麓からはこれでおしまい、来年も通います。

 

| | Comments (0)

Dec 03, 2023

深森

231111_4Canon EOS R6 Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/大泉 北杜市 山梨

▪️大きな橋の辺り、ちょっと俯瞰から深い森をながめていました。この頃は標高1000メートル辺りが紅葉のピークだったのでは。多様な彩に魅かれました。

花曇りの日差しが、ギンギンでない渋い彩を表現出来ました。広葉樹の散らばったバランスは自然なのか、植樹なのか?

などと思いを巡らせながらしばし佇んでいました。

 

| | Comments (0)

Dec 02, 2023

音楽堂と鹿

231111_5Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/八ヶ岳高原音楽堂 南牧村 長野

▪️️️️晩秋の高原音楽堂、ここで音楽を聴くのは至福の喜び、もう何度訪れているだろう。音楽会の合間、森の中からゲストが。柔らかな時。

演奏の休憩時間に現れ、観客のアイドルになっていました。ポートレート用に付けたレンズで、その柔らかな印象を捉えてみました。

ひととき写真家に戻って切った一枚、また聴衆へと戻っていきました。

 

| | Comments (0)

Dec 01, 2023

古いアルバム

231111_2Canon EOS R6 Planar T*50mmF1.4/天女山 北杜市 山梨

▪️️️️プチ山頂はすっかり冬景色、水滴が凍る氷点下の霧の中。タイムスリップしたような、ノスタルジックな感じ、印象のままに。

古っぽい感じを、荒れ荒れな粒子で仕上げてみました。むずむずするような、どこか懐かしい雰囲気を感じています。

ここはすでに冬季通行止めに、車で簡単に上がれなくなっています。

 

| | Comments (0)

« November 2023 | Main | January 2024 »