« June 2022 | Main | August 2022 »

Jul 31, 2022

大器

220717_3Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 大泉 北杜市 山梨

▪️大輪を咲かせる間近のつぼみ、朝霧のしずくが鮮やかな彩を際立たせ、大器の予感を想像しながら切り取ってみました。

濃霧で遠景の視界はなかったので、高原のスケール感は諦め、身近な潤い溢れる草木を。年単位で考えてみるとこれも重要な移ろい。

今回の山麓からはここまで。猛暑のホームに戻ります。

 

| | Comments (0)

Jul 30, 2022

森珊瑚

220717_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/大泉 北杜市 山梨

▪️高地ではよく見かける樹模様ですが、特別鮮明でどこか珊瑚のように見えたので切り取ってみました。

くっきり見えたのはきっと霧の潤いのおかげ、遠景はほぼ視界ゼロの中、身近な出会いに期待したくなるところ。

山麓の朝霧は大抵好天の予兆、この日も日中は晴れていくことに。

 

| | Comments (0)

Jul 29, 2022

霧浴

220717_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/大泉 北杜市 山梨

▪️シーズンなので山麓から定期的に。この日の朝は濃霧の中、遠景は無理かと諦めていた中、かすかに樹木が望めた瞬間を。潤い溢れる豊かな森林。

寒暖差のある高原では良くある光景でしょう。日中は晴天で気温が上がりしっかり日光浴も。霧の雰囲気は残しながら、潤う枝の表情は大切に。

涼しい空気を感じながらの撮影はまた楽し。

 

| | Comments (0)

Jul 28, 2022

そろり

220710_8Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️戻り梅雨のしっとり田んぼ路、蒸し暑いとはいえそこは早朝、散歩は気持ち良いものです。そんなゆるりな雰囲気を。

ポイントは似たようになりますが、そこを通り抜けるシチュエーションは違います。天候や人の動きなどで、見えてくる印象が全く違ってきます。ここでは彩はやや落としめに。

さまざまな夏のイメージを切り取っていきます。

 

| | Comments (0)

Jul 27, 2022

にょきにょき

220710_7Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️不思議な若葉の生え方、これが普通なのかな? 初めて見たのか、今まで気づかなかったのか、まだまだ発見は続けられそうです。

弾けるような躍動感を、少しやんちゃな印象と共に表現してみました。曇りの日はありのままの彩が一番。

長く感じる今週はまだ水曜日、週末はあっという間に過ぎてしまうのに…。

 

| | Comments (0)

Jul 26, 2022

相互

220710_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️葉っぱって上手く出来ているんですね、上手く交差するようにバランス良く重なり合っています。太陽の光を平等に受ける技でしょうか。

ハート型のこの葉、無意識のうちについ目に入って来てしまいます。特に雨上がりのしっとりした朝はなおさら。形の良いポイントを見つけじっくりと。

少し前のカットですが今朝は偶然天候にフィットしました。

 

| | Comments (0)

Jul 25, 2022

結い

220710_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️しっとり戻り梅雨のような頃、重なり合う草と草は、たまに面白い造形を見せてくれます。ここではまるで結われているような。

誰にでも目にすることができるシーンから、魅力的なポイントを切り取っていくのが醍醐味で、自分のスタイルと思っています。

もちろん、絶景はまた別腹(⁉︎) その時のピークを探しています。


 

| | Comments (0)

Jul 23, 2022

弾け

220710_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️暑い夏が戻って来たようですが、少し前の草むらから、もうこの辺りのモチーフで何度か切っていますが、つい目に留まってしまいます。

多分、魅かれている理由はきっとこのさわやかな緑の彩、弾けるように賑やかに。といっても柔らかな自分彩で表現しています。

今朝は変化のある朝、もがきながらもいろいろ見つけてきました。

 

| | Comments (0)

Jul 22, 2022

もえ

220710_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️タイトルでどっちの“もえ”をイメージしたでしょうか? いつもの湿原(?)ですが、心象に寄った表現で。

雨上がりの曇りの朝、こんな日はじっくり気になったモチーフのディテール、特に彩の表情を大切にします。まみれるそれを鮮やかに。

さあ週末、いよいよ猛暑の夏彩が覗けそうですが…。

 

| | Comments (0)

Jul 21, 2022

名残

220702_1_20220719001001Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️夕涼みの時間に、日中カラッと晴れた日は意外と風が涼しく感じられます。そんな真夏の陽気がやっと再開しそうです。

三日月が中心に見えているのですが、小さな画面ではきっと認識できないと思います。帰路に向かいながら、空彩の変化を名残惜しく何度も切り取った一枚。

まもなく明かりのない真っ暗な夜。

 

| | Comments (0)

Jul 20, 2022

切り抜き空

220702_3_20220719001001Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️夕暮れどきに映り込む空、その彩に目が停まりました。切り抜かれたようなそのシルエットは、まるでキャラクターの顔のよう。

谷戸の形状は日の出、日の入りのタイミングに決して有利とは言えませんが、このように不思議な模様をつくり出してくれることも。

感じたモチーフはとりあえず収めることが出来る、良い時代です。

 

| | Comments (0)

Jul 19, 2022

暮れ空

220702_2_20220719000901Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️夕方散歩のワンシーン、夕焼け迫る微妙な移ろいの時を見ていました。丘にかかる雲の表情はまるで、そこから吹き出しているかのようにマッチしています。

散歩中はいつも単焦点レンズ一本、瞬時の構成力が求められる反面開放感はあり、朝とはまた違うアプローチを楽しんでいます。

1日の節目を眺めると愛着はさらに増していくようです。

 

| | Comments (0)

Jul 18, 2022

若田

220702_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️水田に朝日が差し込み始める頃、何かワクワクな出会いがありそうな予感がします。大好きな時間で見かけたシーン。

光のトーンが程よく、横切る自転車が潰れない、柔らかなコントラストの陰影が表現出来たと思っています。

充実とハードな三連休目はまったりのんびり。

 

| | Comments (0)

Jul 16, 2022

蒼彩

220702_3Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️日の差し込む前の湿地谷戸、かすかに霞を帯びる中、草の鮮やかな緑に魅かれました。印象そのままを切り取ってみました。

彩を表現するのに絶好のコンディション、環境を適度に取り込みながら濃淡見事な主題にフォーカスしてみました。

取るに足らない雑草でも感覚を信じて…。

 

| | Comments (0)

Jul 15, 2022

潤い浴

220702_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️戻り梅雨のような一週間、暑いと分かっていても日差しが恋しくなりますね⁉︎ ということで、朝日を浴びた潤いある路から。

どんな方が通り過ぎるかはその時次第、あくまで風景の点景として取り込んでいます。ここを表現するには重要なモチーフ。

さあ週末は三連休、どこで覗きに行くかは家事次第⁉︎

 

| | Comments (0)

Jul 14, 2022

描く

220702_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️野草の鮮やかなコンビネーション、写真でイメージの世界を“描く”ことはライフワークの一つ。印象のままに。

ややアンバランスなアングルは躍動感に(なっているかな?)、筆タッチのような柔らかいボケはレンズ任せ。感じた世界を表現できたと思っています。

徐々にライブに近づいています。今週の陽気にマッチしているかも。

 

| | Comments (0)

Jul 13, 2022

深愛

220625_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ハート型の蔓草、次々綺麗な葉が伸びる湿潤な今が美しい頃。梅雨どきのようなしっとり落ち着いた雰囲気に。

リースにでもしたいくらい、自然がつくるデザインにいつも目を奪われます。ここでは彩を抑え、渋いイメージで印象を強調しています。

少し前ですが戻り梅雨のような昨今にちょうど良い一枚に。

 

| | Comments (0)

Jul 12, 2022

土手の香

220625_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️田んぼの土手の鮮やかな緑、夏のにおいがあふれています。規則性がある田んぼとランダムな草のコントラストに魅かれました。

この主役は手前の草たち、とりとめなくごちゃごちゃ感は狙い通り。初夏とはいえ猛暑の始まりを予感させる眩しい朝。

全開の真夏のとき、しばらく満喫していきます。

 

| | Comments (0)

Jul 11, 2022

初夏の風

220625_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️少し前の週末、早朝から風の強い晴天に発表前でしたが梅雨明けを予感させる空気。田んぼの水盤がその風でキラリ輝く瞬間。

フォーカスポイントが紅く染まるのは、レンズ特性かも知れませんが気に入っています。ギリギリ緑を感じる頃合いで。

今年も谷戸の夏景をじっくり刻んでいきます。

 

| | Comments (0)

Jul 10, 2022

のびのび

220625_5Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️潤いのシーズン、草木はすくすく伸びていきます。肉眼で見ていても変化がわかるほど。朝日を浴びて拍車がかかります。

短い梅雨で乾きが心配ですが、今のところほどほどには湿っているようですね。木漏れ日はときと共に位置を変え照す、そんな瞬間がまぶしい。

またしばらくはホームの里山から。

 

| | Comments (0)

Jul 09, 2022

新彩

220620_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/天女山 北杜市 山梨

▪️天女山頂辺りのもみの木、常緑針葉樹ですがちゃんと若葉が。濃淡が美しい時期に出会いました。

カラマツと共に、植林ながら高地をイメージさせるモチーフ。ここは特に印象的なポイントにクローズアップしてみました。鮮やかな彩。

今回の八ヶ岳山麓はここまでにしておきます。

 

| | Comments (0)

Jul 08, 2022

ベール

220620_5Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/大泉 北杜市 山梨

▪️通り過ぎる霧を眺めていました。力強い印象を感じた瞬間切った一枚。躍動感溢れる山麓の朝景。

季節を変え、見つけた白樺ポイントに立っていますが、その時なりの表情を見せてくれるのでワクワクします。もう少し覗いて行こうと思っています。

霧はそのシーンを一変させる魔法のベール。

 

| | Comments (0)

Jul 07, 2022

めぐみ

220620_4Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 大泉 北杜市 山梨

▪️濃い霧のかたまりが通り過ぎて行きます。その向こうね朝日の光と共に、潤いを運んでくれるよう。魅惑のとき。

霧は写真栄えするワクワクモチーフ、どこでそれを切り取るか、いつまで残っているのか、移動中はソワソワドキドキ。そんな時も振り返ると楽しいもの。

ダイナミックなその世界をしばし満喫。

 

| | Comments (0)

Jul 06, 2022

空彩

220620_1Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 大泉 北杜市 山梨

▪️しばらくはまた山麓から。今回も梅雨時ながら天候に恵まれた行程でした。霧の立つ好天を予感させる朝のはじまり。木立を抜け開けたところから雄大なシーンを眺めていました。

空の微妙に輝く美しさを大きく取り込み、南アルプスの山々をささやかに配する、いつまでも見ていたい光景です。

シーズン到来で定期的に山麓の移ろいが登場してきます。

 

| | Comments (0)

Jul 05, 2022

220618_9Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️水たまりに映し出された樹々、シルエットとなったそれは美しく見えました。梅雨の頃のお楽しみ。

逆光のシチュエーションなので茶系の彩に、この微妙なトーンをどの辺りにするかは作者のさじ加減。

水映は好みのモチーフ、どうしても多くなります。

 

| | Comments (0)

Jul 04, 2022

220618_8Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雑木の森に際立つ緑彩をみかけました。しばらく眺めていると、心穏やかな静寂につつまれていくよう。そんな気持ちを表現してみました。

ややアンダー目に、感じた深い印象をシンプルにして。新緑の頃とは別の、濃淡の妙が梅雨時の魅力といえます。もう少し前になってしまいましたね。

今週は雨模様、ちょっとライブ感あるシーンから。

 

| | Comments (0)

Jul 03, 2022

220618_7Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️️️いつもの休田の谷、ピンクの草は連なり美しくここで何度しゃがみ込んだでしょうか。昨日もでしたがこれは少し前の彩。

華やかに続く雰囲気を独自の柔らかい表現で、あまり説明的にならないように、というのはいつも考えています。

今週は台風が心配ですがやんわり通り過ぎて欲しいです。

 

| | Comments (0)

Jul 02, 2022

ゆらぎ

220618_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️田んぼの移ろいはライフワークのは一つ、定期的に登場します。ぼんやり朝日は映し出しやすい、水紋に揺らぐそれをぼんやり眺めていました。

土手の上からを前景のシルエットで表現、水紋はスマホサイズの画面では分からないかも知れません。

今朝少し覗いて来ましたが暑くて7時までが限界⁉︎ 真夏でした。

 

| | Comments (0)

Jul 01, 2022

突き抜ける

220618_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️️雲間の朝日、まだライブの夜明けに到達しませんが、太陽を突き抜ける勢いの樹々の葉は見事。印象のままに。

梅雨時らしいシーンに多く出会えなかった気がします。移ろいを愛でる“間”みたいなものが薄らいでいるようです。温暖化のせいかも?

暑さでぐったり気味ですがもう週末、頭の中は里山へ…。

 

| | Comments (0)

« June 2022 | Main | August 2022 »