« January 2021 | Main | March 2021 »

Feb 28, 2021

熱光線

210223_1Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️朝焼けの美しい朝でした。紅彩タイムは少し間に合いませんでしたが、それでも光線を放つような鮮やかな空を見せてくれました。

久しぶりに現れた魅力あるスジ状の雲、光沢ある空を浴びるほどダイナミックに取り込んでみました。

今朝はまだ冬と実感する寒い里を覗いてきました。それはまた少し先に。

 

| | Comments (0)

Feb 27, 2021

暖彩

210220_7Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️霜の向こう側には暖かい彩が、水たまりで見かけた寒暖入り混じるこの時期の印象を表したシーン。

もちろん、雑木はまだ木立のみで冬景色ですが、これは私の気分がそう感じさせただけなのでしょう。

肌ではっきり次節への移ろいを感じています。

 

| | Comments (0)

Feb 26, 2021

寒芽

210220_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️霜の土からにょきにょき、新芽が吹き始めていました。菖蒲だと思います。なんとも沢山で魅かれました。

春の訪れを真っ先に感じられるポイントの一つ、決して鮮やかではない彩ですが、霜の化粧がこの時は効いています。

ちょっとずつ移ろいあるシーンを紹介していきます。

 

| | Comments (0)

Feb 25, 2021

霜田

210220_5Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️日中は気温が上がった日でしたが、夜明け頃は霜が降りる冷え込み。うっすら田んぼのそれは輝ききれいでした。

谷戸のシルエットをポイントに、エッジを効かせたあぜ道はさりげない位置に。この先まだまだ冷える朝はくるでしょう。

冬景色の中にそろそろ移ろいを見つけ始めていますがそれは次回から。

 

| | Comments (0)

Feb 24, 2021

通り道

210220_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️暗闇の中から朝日が差し込み、枯草の先の方だけ決して強くはない柔らかい光が通り過ぎていきました。

青みがかった彩はそのまま強調、明暗をはっきりフォーカスしています。小さな空間にも物語が生まれてくるようです。

寒暖大きくなってきましたが春が早そうなのは感じます。

 

| | Comments (0)

Feb 23, 2021

キャラ

210220_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️犬系の着ぐるみキャラに見えませんか? 田んぼの氷を眺めながらいつもこんな妄想をしています。

氷面が際立つようコントラストは高めに、日の当たる前の方が良いモチーフの一つ。三脚は必要です。

お休みの今朝、素敵な朝焼けは逃しましたが春の息吹には出会えました。

 

| | Comments (0)

Feb 22, 2021

里をゆく

210220_3Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️朝日が昇り、逆光の光が眩しい前に美しいと感じる時、私なりに目に入る谷戸の要素全て映し出すとこうなりました。

背景の人も田んぼもそして丘も全てシルエットの中、だからこそここはどんな所なのだろうと、想像を掻き立てられると思いました。

主題は毎度お馴染みのチクチクのひっつき種子のようですが、実は背景にある⁉︎

 

| | Comments (0)

Feb 21, 2021

再輝

210220_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️カラカラに乾いた枯葉、霜と朝日で瞬間ですが再び輝きを放っていました。コクのあるその彩に魅かれました。

重なりあって起き上がった部分だけに光が当たる、夜明け頃のコントラストをそのまま活かして。

暖かくなった日中とは別世界のキリッと冷えた冬のシーンから。

 

| | Comments (0)

Feb 20, 2021

ゆらめき

210130_10Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️谷間の広くない草原ですが、今季はここでの出会いが多かったと思います。ゆらゆらほのかに照らされる雰囲気が気に入っています。

似たようなカットばかりになっている気もしますが、しばらくご無沙汰していた分ポイントは限られてしまっています。

今朝は久々にキリッと冷えた朝を覗きに行ってきました…、がまた似たカットばかりに⁉︎

 

| | Comments (0)

Feb 19, 2021

ふらり

210122_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ひなたが暖かくありがたいと実感する季節、俯瞰からそれをそっと覗いていました。少し前ののどかなシーンから。

枯れた寒々しい雰囲気を強調しながら、ちょうどそこに差し掛かったところを狙って。マスクは例年もこの時期は必需品ですね。

さあ週末、しばらくぶりにのんびり訪れることが出来そうです。

| | Comments (0)

Feb 18, 2021

荒華

210204_11Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️枯れ果てた草原に立つ乾いた華、渋い好みの彩に包まれたシーンをひたすら覗いていました。

背景の水平がなければ、もう少し傾けた方が躍動感出たかもしれません。やっても大丈夫だったかな?

それでも柔らかい雰囲気に仕上がり気に入っている一枚。

 

| | Comments (0)

Feb 17, 2021

きら路

210204_10Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️光の向こうに現れる一筋のライン、不思議な光景を見かけました。谷間の朝に一瞬だけ起こる軌跡。

手前の枯草も魅力的でフォーカスしたものもありますが、ここは奥のあぜ道に合わせ沸き上がるような演出で。

のんびり覗いている時間が至福の時、間もなくまた。

| | Comments (0)

Feb 16, 2021

立姿

210204_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️朝日に浮かび上がる樹を見かけました。ベタですが、その姿をシンプルに美しいと感じてしまうシーン。

見た印象のまま、主題をどのくらいのサイズで取り込むかをいくつか切った中の一枚。一番バランスの良いと感じたものを。

雨降り後の晴天、本当は覗きに行きたい所ですがもう少し我慢。

 

| | Comments (0)

Feb 15, 2021

210204_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️朝日がまだ届かない道端で見かけたシーン、糸を結ったような絡まりがとても不思議で、そして魅力的でした。

見た印象のまま、出来るだけほわっと絡まっているよう柔らかくフォーカス。ボケの方が重要と感じるモチーフの一つ。

新しい週の始まり、しばらく撮影に行けない分想いは溜まっています。

 

| | Comments (0)

Feb 14, 2021

熾火

210204_1Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️一瞬朝焼けに染まった幹をフォーカス、焚き火で燃え上がった後の熾火の温かさを感じていました。

雲の少ない晴天の夜明け、朝日の彩だけクローズアップ出来るポイントに絞り切り取ってみました。

シンプルな冬の木立が際立つ魅力の時。

| | Comments (0)

Feb 13, 2021

明け月

210204_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️朝焼けが始まった頃の半月、この時間の月はまだ明るく、夜と朝のちょうど狭間に浮かぶ魅力的な存在。

月の表情にフォーカス、手前の枝は彩だけ、ぼかすことで視線を集中と遠近感両方を表現しています。

今週末は我慢のとき、万全にしてまた覗きに行くことにします。

 

| | Comments (0)

Feb 12, 2021

枯れマフラー

210130_9Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️つぼみに枯葉が絡みつき、まるでマフラーのように風に靡いている、ちょっと面白いシーンを見かけました。

小風で引っ張られるような時を狙って切った中の一枚、肝心のつぼみのフォーカスがブレない程度のシャッタースピードで。

こちら次第でどこでも不思議な世界に遭遇出来ると信じています。

 

| | Comments (0)

Feb 11, 2021

海賊の宝

210130_7Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️霜の草原が朝日を浴びると、映画とかで観るような海賊の宝物に見えてきました。キラキラ光るところを。

妄想が過ぎたかも知れませんが、一瞬の霜の輝きは、早起きしたものだけが味わえるやっぱり宝物だと思います。

今週は覗きに行けないかもしれませんが想像だけはしておきます。

 

| | Comments (0)

Feb 10, 2021

銀原

210130_8Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️草原になっている谷戸の奥、枯れたこの頃が魅力的なのでいつも気にかけています。銀色に輝かせてみました。

前後をぼかすと絵画調に見えてきました。肉眼では見えないシーン、昔の画家はどうやって描いたのでしょうか?

そんなことを思いながら今を愉しんでいます。

 

| | Comments (0)

Feb 09, 2021

針棒

210130_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️長く続く見通しの良い谷戸の散歩道、通り沿いに突き出た、針金のような枝にはちゃんとつぼみが準備されていました。

四季を通じて構える気に入りポイントの一つ、絵画のようなタッチの背景が好きで、それは意図的に構成しています。個を特定しないことも好都合。

谷間にまだ日が来ない時間でのお楽しみ。

 

| | Comments (0)

Feb 08, 2021

魔術

210130_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️枯草が動き出すと魔法をかけ、そこからカラー玉を出していく、そんなドラマを思い浮かべながら切り取ったシーン。

霜は、朝日を浴びるとレインボーに輝いて見えます。が、中々思ったようには映ってくれないものです。こちらのポジションを合わせながら。

寒暖差激しい季節の移ろい、次に覗ける機会を楽しみに想像しています。

 

| | Comments (0)

Feb 07, 2021

華目

210130_5Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️陽当たりの良い場所にすでに花をつけた紅梅が一本、その足元で見つけた可愛らしいシールにほっこり。

両目(!)にフォーカスが行くよう立ち位置を工夫しましたはごれが限界、絞り込みはしたくなかったのでこれで良かったと。

今朝は残念ながら覗きに行けませんでしたが更新は続けます。

 

| | Comments (0)

Feb 06, 2021

熱狂

210130_3Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️朝日を浴びたチクチク玉(私が勝手にそう呼んでいます)は、燃え上がるような熱気を感じました。踊り出すように。

ゴーストをかわすギリギリのところまで朝日を取り込み、躍動感を際立たせています。枯草が一瞬輝きを放つとき。

週末は日曜の朝、ほんの少しの移ろいを探しに覗いてみます。

 

| | Comments (0)

Feb 05, 2021

小緑

210122_9Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️薄苔の付いた緑の幹に、小さな緑が顔を出していました。メジロでしょうか、可愛らしいそれにほっこり。

野鳥写真的には特段珍しくない鳥に小さな主題、それでも自然写真としてはちょっと面白いシチュエーションに。

長いレンズがない私の生き物を入れた楽しみ方。

 

| | Comments (0)

Feb 04, 2021

枯姿

210122_8Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️全国でも問題になっているナラ枯、雑木林の多くを占めるナラの樹のかなり多くが、今季この被害で枯れました。

虫の寄生によるものらしいですが、これは天災か人災か? 私は里山としての活用不足が原因では?と思ったりしますが、実際のところは…。

春になるとまた、初々しい若葉を見せてくれるのではと簡単に考えてしまいますが、どうやらそれはもう無理らしいのです。

この樹、枯れているのにも関わらずその立姿はなぜか力強く美しい。まもなく伐採されるのでしょうが、その雄姿はしっかり記録しておきます。

 

| | Comments (0)

Feb 03, 2021

きざし

210122_7Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雑木の森に入ってみました。葉を落とした枝には、もうしっかりと春の準備が出来ていました。

多彩な種類の樹々があり、順番に若葉をつけていくので月末位からはちょくちょくチェックしておかないと…。

などと思いを巡らせながら歩き回っています。

 

| | Comments (0)

Feb 02, 2021

双竜

210122_5Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️流れのない用水路は凍り、複層に浮き上がった細長い模様は、まるで躍動する2頭の竜に見えてきました。

うねりを持ったその姿は、胴体の模様と共に自然がつくり出したアート。コントラスト強めで浮かび上がらせました。

こういう出会いがあると日陰の寒さを一瞬忘れさせてくれます。

 

| | Comments (0)

Feb 01, 2021

鋭利光

210122_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️谷戸の空に彩雲が出来ていました。尖った雲にきらりと光るそれは、ちょうど刃物のような鋭角さを感じました。

冬のこの時期によく見かける光景、どんな雲に出現するかでその印象は変わります。ややアンダー目できらりを強調。

あっという間に2月がスタート、移ろう瞬間を見つけます。

 

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »