« September 2020 | Main | November 2020 »

Oct 31, 2020

kiss

201018_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雨上がりの葉の上、そこにまた落ち葉がくっつき不思議な表情を見せてくれていました。ライトなkissみたい。

テカテカに輝く葉、そのもの自体が魅力的でワクワクしながら覗いていますが、ワンポイントが可愛い。

今朝はスルーしてしまいましたが明日は何とか晴天の朝を…⁉︎

 

| | Comments (0)

Oct 30, 2020

チクチク華

201018_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️秋に鮮やかな黄彩を魅せてくれる華、実になるとチクチクくっつく草ですが、毎年気になるモチーフの一つ。

背景の田んぼには雨水が溜まり、夜明けの中輝きを放っていました。もちろん収穫後ですが、まるで田植え頃のようです。

さあ週末、11月に入る日曜日に覗きに行く予定です。

 

| | Comments (0)

Oct 29, 2020

悦び

201916_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️秋らしいモチーフとしてススキは大好きです。ひらり舞うようなこの容姿には心を掴まれました。

鮮やかな背景彩と華によって、まだ始まったばかりの移ろいを表現しています。前後の配列が上手く存在してくれました。

徐々に深まる季節の変わり目を見つけています。

 

| | Comments (0)

Oct 28, 2020

201916_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️まるで粉を降ったような、濃い紅の葉を見かけました。移ろい時の魅力的なコントラスト。

紅の部分が浮き上がるようアンダー目に仕上げています。葉先をカットしたのも集中のため。

目を凝らしているとあちこちに魅惑が見つかる頃。

 

| | Comments (0)

Oct 27, 2020

脱季

201916_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️移ろいの中、微妙な彩が絡みあう魅力的なシーンを見かけました。どれもピークとは言えない曖昧なとき。

日の当たる前の、やや青みがかった世界観はこのシーンにマッチしています。コントラストはやや強めに。

この時期ならではの過程を愉しんでいきます。

 

| | Comments (0)

Oct 26, 2020

パステル

201916_1Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️夜明け頃に柔らかいパステルの空、その彩に魅かれ何枚か切った中の一枚。

カッと鮮やかに染まったものも良いですが、グラデーションのかかった淡いこのような空がどちらかというと好み。

今週も少し前のちょっと秋彩から紹介していきます。

 

 

| | Comments (0)

Oct 25, 2020

深園

201010_3Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️谷戸の奥深くに見た深遠な世界、一見微妙な彩ながら魅せられてしまいました。

白とピンクはミゾソバでしょうか、彩りが残るギリギリのところまで抑え、イメージを再現しています。

スカッと快晴の朝はディープなシーンになってしまいました。

 

| | Comments (0)

Oct 24, 2020

脈いろ

201010_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️移ろいは葉脈を伝って始まる、そんな典型的なシーンを見かけました。もちろん、力強く美しい。

気を衒わずど真ん中に、ここでは微妙なディディルを重視しています。背景のボケは相変わらず。

良い気候が更に秋を深めていくことでしょう。

 

| | Comments (0)

Oct 23, 2020

奥の穂

201010_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️谷戸の奥の方に残る稲穂、曇りの中深い彩を放っていました。刈り取り前の残りわずかなシーン。

コントラストはやや強めに、静かにたたずんでいる印象を柔らかく表現しています。少し前なのでもう刈られたかも知れません。

静かな朝を静かに満喫している時。

 

| | Comments (0)

Oct 22, 2020

混沌

201010_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雨混じりの朝、初っ端から混ざり合う深い彩に出会いました。まさに移ろいの時、醍醐味です。

ここでは落ち着きをつくるため、奥行き感は残しつつ、最前面のライン上はフォーカスが来るようにしています。

さあ、またしばらくは私のホームから紹介していきます。

 

| | Comments (0)

Oct 21, 2020

宿り彩

201006_10Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/天女山 北杜

▪️カラマツの幹にまとわる蔓樹の葉、針葉樹が多いこの辺りの森で真っ先に色付いてきます。

既に真紅のものもありましたが、あえて好みの多彩のポイントを選びました。同化していて幹をよく見ないと分からないほど。

天女山からのシーンはここまで。次回からはいつものホームから。

 

| | Comments (0)

Oct 20, 2020

移ろい彩

201006_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/天女山 北杜

▪️刻一刻と紅葉が進でいる高原ですが、移ろい始め頃の彩。私はこんな微妙な頃が大好物!

逆光霞むそれをややハイキー気味に、開放のボケを使いイメージの世界で構成しています。

もういくつか標高の高いところから続けます。

 

| | Comments (0)

Oct 19, 2020

秋彩の峰

201006_3Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 天女山 北杜

▪️低いながら周囲を見渡せる山頂から望む南アルプス、ほんのり朝焼けで照らし出されたシーン。

山岳写真ではないので、印象的だった手前のススキを浮かび上がらせるように、季節感を主題にとりこんでみました。

平凡なアングルですが峰のスケールが差をつくってくれます。

 

| | Comments (0)

Oct 18, 2020

薄紅の山頂

201006_1Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 天女山 北杜

▪️ちょっと前ですが小旅行、いつもの八ヶ岳を覗いて来ました。この時期は簡単に標高を上げることのできる天女山へ。

移動中に朝焼けを感じながら、到着直後に何とか切り取った空。深紅とはいきませんでしたが、これはこれで好みの彩に。

しばらくはここから、紅葉間近の移ろいを紹介していきます。

 

| | Comments (0)

Oct 17, 2020

天窓

201002_6Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雲間から日が差し込んだ瞬間、まるで天の窓が開いたような景に魅入り、切り取っていました。

シルエットの樹木に、偶然にもカラスが舞い降りる翼が入り、不思議なイメージが強調できたと思っています。

冷たい雨で新たなシーン創出を期待しています。

 

| | Comments (0)

Oct 16, 2020

ジュエル

201002_5Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️朝露を浴びた輝きは美しいの一言。こういう出会いがあるからやめられない、そう思わせてしまう魅力。

全体を入れ、アングルは平凡にしていますが、素材が良いので切り取るのはもったいないと。背景もイメージ通り。

週末ですが雨模様の予報、日曜日に覗いてみる予定です。

 

| | Comments (0)

Oct 15, 2020

バリア

201002_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️湿地帯のような休耕田の中に入るのはちょっと勇気が要りますが、そこは自然写真家に撮っては宝の山。

まるで大きな繭玉のような、きれいな幕をつくったクモの巣、その中に封印された草たち。不思議なシーンでした。

足元に見つけたちょっと気になる小さな世界。

 

| | Comments (0)

Oct 14, 2020

七変化

201002_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️光線の加減か、不思議な彩が浮かび上がっていました。穂の水滴が乱反射しているのかも知れません。

湿地帯のような休耕田の中、かがみ込んでいるので、長靴を履いていても身体中が濡れてくるポイント。

魅力的なシーンにそんなことを忘れ集中していました。

 

| | Comments (0)

Oct 13, 2020

休耕キラリ

201002_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️朝露に包まれた休耕田、野草の輝きを増す魅力満載の時となります。特にこの穂は毎年楽しみにしています。

さまざまなアングルで楽しみましたが、まずは全体を押さえたものから。ここの雰囲気も取り入れています。

この日の朝はこればかりをじっくり狙うことに。

 

| | Comments (0)

Oct 12, 2020

ハーツ

200928_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️艶やかな葉っぱの連なりに流れを感じ、その彩と無限に続くかのような美しさを切り取ってみました。

奥行き感は前後のボケで表現、見せ過ぎず一点に集中したことがイメージの世界につながりました。

台風が過ぎ更に移ろいが深まってきそうです。

 

| | Comments (0)

Oct 11, 2020

靄モニュメント

200928_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️靄の中水気を含んだ朝、クモの巣は浮かび上がり、素敵なモニュメントをつくり出していました。

絶妙なタイミングで背景にそれがかかり、造形の一部として配置できました。ボケが送電線を省略してくれています。

今朝は雨上がりをじっくり覗いてきてからの更新です。

 

| | Comments (0)

Oct 10, 2020

草はら

200928_5Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️人を寄せ付けない深い谷戸に生える草たち、ほのかなピンクに魅かれレンズを向けていました。

構成はシンプルですが、複雑に重なり合う彩は、どこか力強さを感じさせてくれます。深めなトーンで。

台風の週末ですが通り過ぎるときを待っています。

 

| | Comments (0)

Oct 09, 2020

イエローライト

200928_6Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️まだ日が差し込まない谷間の野草、自然がつくり出した素敵な彩のアンサンブルを眺めていました。

イエローのインパクトを強調するために、ややコントラストは上げています。青みはそのまま、不思議な世界観ができました。

台風の週末となりそうですが変わり目をチェック出来るかも。

 

| | Comments (0)

Oct 08, 2020

靄の波

200928_3Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️夜明けと共に谷戸の水分が沸き上がり、里山を包み込むような波をつくり出していました。

森の中から覗いていることが分かるよう、緑の額をつくってみました。この日は多くの愛好家が狙っていたので楽しめたのでは。

艶やかな秋晴れの日の景からいくつか紹介してみます。

 

| | Comments (0)

Oct 07, 2020

若穂

200922_7Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️ススキは秋に魅かれるモチーフの一つ、今季もこれからいくつか登場することとなります。穂の生まれるころ。

垂れ下がる前の放射状に広がった様も魅力的、背景をぼかし印象のみの構成にしています。

深まる季節を少しづつ追いかけていきます。

 

| | Comments (0)

Oct 06, 2020

かぎ編み

200922_8Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️写真展のおかげで、今年は稲刈りの様子をじっくり眺めることができました。機械で刈った後は整頓され、まるで編み物の目のように見えてきました。

四季の家前のハザ掛け行程、暑くもない寒くもない、ちょうど良くぼけぼけした雰囲気が出ているかどうか。

実際の季節は更に進んでいます。更新はいつも少し遅れです。

 

| | Comments (0)

Oct 05, 2020

そよぐ

200922_4Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️今季は特に稲穂を多く覗いている気がしますが、そろそろそれも残りわずかとなってきました。深部の谷戸から。

背景のディティールは分からなくなるくらいにローアングルで、手持ちでスパッと切れ味良く、流れがつきました。

4連休頃の景なのでもう刈られているかも知れません。

 

| | Comments (0)

Oct 04, 2020

キラリ

200922_5Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雑木の葉は何となく移ろっているのかもしれません。朝日を浴びてキラキラ、まぶしいとき。

手持ちのプラナー、気になったなシーンを次々イメージ的に切り取っていきます。

たまには自由気ままにスナップを楽しんでいます。

 

| | Comments (0)

Oct 03, 2020

むずむず空気

200922_6Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️秋めいて乾いた空気感、この季節になると感じるむずむずするようなそれをいっぱいに吸っています。

使い捨てフィルムカメラのような、一見地味な彩が似合いそうと出した世界観。懐かしい記憶とピッタリのイメージ。

高画質ばかりが心震わすとは限りませんね。

 

| | Comments (0)

Oct 02, 2020

ざわめき

200922_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️黄色や青の混じり合ったアンサンブル、賑やかな感じは秋めいてきたからかも。この黄色はチクチクの実になる草。

ちょっと出遅れの朝、プラナー一本、手持ちで切り取っていった中の一枚。フォーカス合わせに手がプルプル⁉︎ 

そんなプルプル(!)の朝からいくつか紹介予定です。

 

| | Comments (0)

Oct 01, 2020

写真展の作品をWEBSITEにUPしました!

200926_5

▪️26日まで開催していた写真展、“曖昧”ないろ -移ろう時を重ねる-  Vague color -time goes by- ですが、WEBSITEにUPしました。会場でご覧頂けなかった方は是非こちらからご覧いただければと思っています。

展示した作品12点と展示の様子など、スライドショーとなっています。画面をクリックすると1枚ずつじっくりご覧いただけるようになっています。実物の質感には及びませんが・・・。以下のトップページから作品タイトルをクリックしてみて下さい。

https://www.masaruasophoto.com

 

 

| | Comments (0)

光粒

200921_7Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️今季は何度も、この見上げた虫喰い葉に目が留まりました。この日は雲間から一瞬光が差し込み、その穴がより際立って見えました。

葉はもはやシルエットで原色を留めていませんが、力強い、印象のままの世界観を表現できたと思っています。

自然がつくり出す造形は出会いを新鮮にしてくれます。

 

 

| | Comments (0)

« September 2020 | Main | November 2020 »