« December 2018 | Main | February 2019 »

Jan 31, 2019

枯れすすきらり

190201_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/寺家ふるさと村

▪️27日日曜日は雲一つない晴天。休耕田の枯れすすき。まばらに残っている穂に朝日が差し込んできて、ちょっと魅力的なシーンになりました。

実は夜明け前にも同ポイントから切り取っていたのですが、そろそろ差し込む頃と戻り再撮影したもの。もちろん、前者も良い雰囲気なのですが、この週は“光と影”をモチーフに切り取っているので、今後の構成上こちらを選んでみました。

ということでコントラストの効いたカットをいくつかご紹介予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 30, 2019

流れ

190201_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️朝日を浴び黄金色に輝く霜草を上から眺めてみました。その時風は吹いていなかったのですが、“流れ”を確かに感じました。

数回前の更新と同じく、少しだけ色温度を綺麗な彩りになるまで調整しています。プラナー開放の背景のボケが気に入っています。

ぼちぼち今週日曜日からの更新へ移行しようと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 29, 2019

笹やぶ路

190125_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️空三発続けましたのでこの辺で違うシーンから。俯瞰から散策路を狙える、いつものお気に入りのポイントから冬枯れ路を切り取ってみました。

ちょうど通りがかりの方をシルエットに、プラナー開放で柔らかな雰囲気を出しています。以前より笹やぶが増えてきた印象です。

景観は少しずつ変化しますが、その中で魅力的なポイントを見つけていきます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 28, 2019

帆雲

190124_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️帆船の帆のような雲に変化していきました。この画面右側は青空、スパッと雲が切れたラインを軸に帆に見立てて切り取ってみました。

本当に不思議な雲で、もう少しワイドなレンズがあれば違う表現が出来たかも知れません。そしてまたすぐに形を変えていくのでした。

打って変わって昨日の日曜日は雲一つない穏やかな陽気、それはもう少し後の更新。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 26, 2019

筋雲の中

190128_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️あっという間に筋雲に覆われてしまいました。逆光に輝くそれはなかなか迫力を感じました。もちろん、このシーンも一瞬で変わってしまいましたが。

この日の空の変化は激しく、写真家としては楽しい限りです。広角レンズで定点とし、ともかく変化を切り取っていました。三脚がないと出来ませんね。

今朝はのんびりスルーで予定通り日曜の朝に覗く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 25, 2019

変化の兆し

190129_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️この日の朝は、ほとんどの時間雲の変化に目を奪われることとなるのですが、これがその始まり。風は強くないのに空はめくるめく移り変わっていきます。丘の木立と共に、ここらしいシーン。

空をダイナミックに、ということで広角レンズ装着が久しぶりに多くなりました。乾燥した空の青さと雲の流れはやはり嬉しいものです。

寒い週末の予報 “写真家”としては楽しみと感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 24, 2019

黄金色の朝

190131_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️20日の朝、この日は夜明けからダイナミックな雲の変化のある晴天でしたが、まずは朝日を浴びて蘇る立枯れの草から。

色温度を少し高めに、印象のまま黄金色に整え、朝日の暖かい雰囲気を強調してみました。プラナー開放のボケが柔らかさも。

次回から変化する雲の表情をいくつかご紹介予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 23, 2019

雲と木立

190124_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️曇り空の中から一瞬朝日が見えそう、でもまだ丘の向こう。上を流れる雲がその光を受け輝きを放っていました。木立のシルエットとのマッチング。

コントラストの強いモチーフなので、輝く雲に合わせ周りを落として表現しています。カメラアイならではの強調方法。

良い天気が続き外出の予定は立てやすいですが乾燥に注意ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 22, 2019

枯れ華

190119_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️休耕田の草は枯れ、夜明け前は彩のない暗い印象。そんなポイントが結構好みでよく覗いています。性格が暗いのかも知れません。

まるで華のように放射状に広がり、良い感じに混じり合いアレンジされているところが気に入っています。マット紙で濃厚に仕上げてみたくなります。

やはり地味ですね⁉︎ 感じたものは何でも切り取っていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 21, 2019

ほのかな朝焼け

190123_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️どんより曇って朝日は期待していませんでしたが、筋状の隙間からほのかに染まりはじめたので、急遽レンズを空に向けて捉えたもの。

色温度はやや下げ印象のままに青みを強調してみました。偶然付けていたプラナーでしたが、このときはちょうど良かったと思っています。

しばらく乾燥した日が続いているので雨上がりのシーンは貴重かもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 20, 2019

ぬれ枯葉

190125_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️からからに乾いた落ち葉ですが、霜解けやこの時のように雨の翌日には彩が一瞬蘇ってきます。多様な、まさに雑木林を感じるそのポイントを見つけました。

私が意図して並べたとしても、このような雰囲気をつくりだすことは出来ません。ただ見つけた造形を切り取るだけ。

今朝はまた魅力的なシーンに出会いましたがしばらくは先週のシーンから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 18, 2019

曖昧な夜明け

190118_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️三連休の中日、日曜日は前日の雪混じりの雨が残り、ややシットリとした曇り空の朝となりました。夜明けだけは薄っすらと陽が差していたところを一枚。

倒れかけの稲穗ですが、この時は何となく魅かれプラナー開放で背景を省略し、生活感を最低限の印象にとどめてみました。

もう週末、今週ものんびり冬景色を愉しんでくる予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 16, 2019

生ドライ

190102_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️今期の雑木林は、枝に付いたまま乾燥してしまったような葉が多い気がします。雨が少ないからでしょうか?その中で目に付いた低木の枯れ色から。

プラナー開放の得意なアングル、ふわふわした雰囲気をつくり出してくれるので楽しめます。紅めの色彩がこの時期の印象を強くしてくれました。

じっくりと季節の“移ろい”を味わっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 15, 2019

空に透かす

190105_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️ちょっと前のシーンから。ススキの穂は魅力的なモチーフの一つですが、大空に透かしてみたら何とも言えない雰囲気が出ました。

空に溶けるくらい曖昧な表現がプラナー開放でできました。背景に見える里山のシルエットも気に入っています。

新年撮影を優先して更新してきましたが、ここで年末のお気に入りからいくつか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2019

風の路

190118_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️雑木林の丘の斜面、路なき路なのですが私にはこの時一筋の“路”が見えました。みたままの印象そのままに切り取ってみました。

冬枯れの見通しの良くなったシーンには、ややコントラストのあるプラナー開放の雰囲気がマッチすると思います。

久しぶりに雪混じりの降雨があったウェットな日曜日の朝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2019

どんぐりの彩

190117_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️草が枯れてくると、春にどんぐりから芽吹いたナラやクヌギなど、雑木林の低木の葉が目につくようになります。この先どう育っていくのかなど思いを馳せながら。

プラナー開放で、低木感を出すためあえて周辺の空間を入れてみました。霜も付き、孤高に季節を乗り切るたくましさのようなものを感じます。

三連休は日曜日の朝に覗いてみようと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 11, 2019

乾いた氷

190116_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/寺家ふるさと村

▪️これは5日の朝、田んぼに氷が張り、この時期はいつもカチカチに締まってきます。面白い造形を見つけに夜明け頃覗いた時の一枚。落ち葉が埋め込まれている様が魅力的。

周辺に足を踏み入れても濡れない、乾いた感じのガリガリ状態なので三脚を立て真上から。割れの連鎖で主題にヒビが入らないように。

さあ三連休の週末、雪の予報も聞こえていますがどうなりますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2019

谷戸みち

190111_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️丘の上に登り俯瞰で里山を望むいつものポイント、樹々は葉を落とし、谷の地形そのままのS字カーブした路が現れ魅力的。散歩の人を配して。

プラナー開放で手前の樹々をボカし、遠景を引き立てるために印象を落としています。駐車の無い早朝ならではのチャンス、より田舎道に見えてきます。

このカットは少し大きなプリントにしてお見せしたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 09, 2019

やんちゃ

190110_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️わずかに残る低木の葉、縮れかけたそれに霜が着き、ちょっとコミカルな愛らしい雰囲気を感じたので切り取ってみました。

プラナー開放で躍動感を、縮れ具合がちょうどそれを助長しているようです。ほのかな朝日のキラッと感も程よく入りました。

冬本番を愉しみながら防寒の準備も抜かりなく、ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2019

レンズの魔法

190106_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️もう我慢できなくて霜の七色だけをカメラアイで。キラキラ輝くそれはまばゆく、レンズ越しにワクワクしながらシャッターを押していました。

これだけでは何を撮っているか分からず、組写真での発表用かも。自然写真家としては邪道ですが、レンズがつくり出した魔法を感じたままに。

スマホの方はぜひ画面を拡大してご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 07, 2019

柔らかな霜

190108_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️霜の粒は朝日を浴びると七色に輝く瞬間があります。この日は綺麗なそれが見られ色々なアングルで切り取った中の一枚。

輝く部分をフォーカスしてしまうと、七色の部分がよく分からなくなるので、前景の霜草を入れボケを利用してみました。ほわっと柔らかな雰囲気が気に入っています。

寒さは厳しくなりますが冬も魅力的なシーンが満載。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 05, 2019

霜の季節

190105_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️今年は3日に撮り始め、年が変わったというだけで数日前に来ていますが、それでも気分も空気もなんだか違う感じがするから不思議です。久しぶりに“寒い”と感じた朝、枯草野の休耕田では霜で真っ白に。

中に分け入り、差し込み始めた朝日を逆光の位置に立ち、輝くさまを切り取ってみました。偶然の通行人の方と共に。ここでしばらくいろいろな表情を集中できました。

新年に入って連日晴天が続き里山がカラカラになっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 04, 2019

冬晴れ

190108_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️良い天気が続いています。カラカラ乾燥した、冬晴れの印象を切り取ってみました。枯れながら残る雑木が青空とマッチ。

プラナー開放は、冬枯れのなんとなくさびしい感じを表現してくれるから不思議です。カチッとフォーカスするのとはまた違う雰囲気があると思っています。

あっという間に正月3日は過ぎそろそろグダグダ生活脱出しないと⁉︎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 02, 2019

池氷

190110_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️年末からの寒さでいよいよ池が凍り始めました。田んぼにも霜や氷、いよいよ真冬到来です。久しぶりに“寒い”と感じる撮影となりました。

朝日の当たるそれはコントラストが強いので、アンダー目にして輝きの部分のみをを引き出すようにしています。もちろん、不要な背景を落とす効果も。

明日は寒いドライな朝を覗いてくる予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 01, 2019

細く長い雲

2019_

▪️あけましておめでとうございます。今年もぼちぼちと、寺家ふるさと村の“移ろい”を中心に、特別でないどこにでもあるようなシーンの中から、感じたシーンを切り取っていきたいと思います。

どこかで昨夏の写真展のように、皆様へプリントした作品をご覧にいれたいと思いますがどうなりますか?チャンスは逃さずといったところでしょうか。

それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »