« October 2018 | Main | December 2018 »

Nov 30, 2018

木漏れ日を歩く

181206_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️まだまだ染まりきっていない頃でしたが、木漏れ日を浴び綺麗な光景を見つけました。ちょっと欲張って散歩の方のシルエットも入れて。

こういう場合、肉眼で見ているより光と影のバランスを意識して構成する必要があります。カメラアイは意外とシンプル、強調か省略いずれかにするだけ。

久々の朝日の光をいろいろ愉しんでいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 29, 2018

ソフトライト

181129_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️一週進んだ17日土曜日から。日曜日の朝は曇りからスタートする予報だったので。その前3週曇りが続いたので、少しメリハリも欲しくなりますよね。

休耕田に木漏れ日が差し込んでいました。パキッとではなくソフトな感じでのそれは、優しく露草を照らし出しました。前後のボケが奥行きをつくり、ちょっと特別な場所に見えませんか?

まだ一週遅れですが光の中での“移ろい”を中心に更新してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 28, 2018

深山の雰囲気

181125_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️丘の斜面が染まり始めた頃、多彩なところが雑木林の魅力的なところ。際立ったポイントを切り取ってみました。

山深い渓谷にでもありそうな雰囲気になりましたが、誰でも見れる何の変哲も無いシーンから見つけています。切り取るのに望遠レンズは必要ですが。

1並びの日曜日からはここまで、次回からはさらに深化した“移ろい”を…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 27, 2018

あぜ道の紅華

181123_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️もちろん花ではないですが、この時期それに匹敵するインパクトがあり、息を呑みます。藍と紅のバランスが魅力的でした。

もっと引いて路を入れたカットももちろん撮っていますが、インパクトを重視して、背景で少しそれを感じる、寄りのカットを選択してみました。

“移ろい”のシーンいつでも無限に広がっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2018

華やかな浅彩

181126_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️週末は良い天気で少し遠出もしましたが、もちろん1日はじっくりと、深まりつある“移ろい”を愛でてきました。これはまだ2週前の森の中、ポツリポツリと黄色が混じる華やかなときでした。

広角で山桜の黒い幹のラインを軸に空間を構成してみました。この2週間でかなり雑木の中も染まり始め、いよいよ今週末辺りがピークではないでしょうか?

毎週撮り貯めていますが吟味するので少し遅れで更新となります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 22, 2018

森のカラス

181124_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️木の実をついばむカラス、特別なことではありませんが、ゴミなどをあさる光景を見慣れているだけに、健全で自然を感じていました。

ちょうどオレンジ色に染まった秋彩と共に、二羽のそれを望遠ズームで狙ってみました。ちょっと上を向くような、動きのあるカットを選びました。

今週は1日早く週末、どんな彩を見せてくれるか楽しみです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2018

夕空

181128_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 寺家ふるさと村

▪️早朝の撮影が基本ですが、この日は散歩がてら夕方にも。あまりに太陽に恵まれないことも影響しています。といってもまたもや雲の多い空に…⁉︎ それでも筋で染まるおもしろい夕日を見せてくれました。

お散歩用のぺったんこレンズで、里山風景はシルエットに空の彩を中心に構成しています。肉眼よりも印象強くなっているのでは。

寒さが厳しくなる前に夕方散歩もありと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 20, 2018

渋い彩

181120_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️丘の法面に渋い“移ろい”を見つけました。野草が複雑に絡み合い、絵画に観るような造形が存在していました。

発色を抑えアンダー目に、渋い印象そのままに表現しています。マット紙や和紙で大きく伸ばしてプリントしてみたい一枚です。

曇天続きの週末はじっくり対峙の時をつくってくれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2018

深紅へ

181119_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️先週の日曜日から。結局日曜日は3週続けて夜明けは曇り。昨日は行きませんでしたが、結局4週続きで曇り空、その分しっかりと“移ろい”と対峙出来ています。

これはハゼの葉でしょうか、この時期紅一点に染まる魅力的な低木。変化に富んだバランス良いポイントを切り取ってみました。

一週遅れの更新ですが今週も谷戸の秋彩から更新してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 16, 2018

生きる

181114_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️枯れ草に蝶、あまり珍しくないことかもしれませんが、これもまた“移ろい”を感じるシーンと言えるかもしれません。じっとしていました。

腸をどこに配置するのが良いか、いくつかポジションした中の一枚です。これ以上近づいたり寄ったりだけは無いと思っています。

さあ週末、晴天で気温が下がって来たさらに深化した彩を愉しんできます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 15, 2018

獅子舞う

181116_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️この前の週に公開した「ブチ横顔」の一週間後。この時は正面からが印象的で、後から気づきましたが獅子舞が迫って来るようなシーンに見えてきました。

枝ぶりから感覚的に左部を空け、森の暗部を入れ動きを出しています。主題に光は当たっていませんが、色のコントラストが明暗を生み出してくれました。

“移ろい”をしっかり感じる力強い一会。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2018

森の微変

181115_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️丘の散策道に昇り、雑木の森の様子も覗いています。やんわりと色づき始めた“移ろい”切り取ってみました。

環境を少し表現するため広角レンズを使いました。幹のうねりがアクセントになっていますが、やや平凡なアングルになっています。

さらに深まる森の彩を愉しんでいきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2018

不思議な葉形

181112_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️蔓草系と思いますが、ここではよく見かける葉形。移ろいをよく表現しているポイントを見かけたのでグラデーションのように。

望遠ズームで倍率を変えいくつか撮った中で、前景を入れたやや標準方向のカットを選びました。落ち着いた中間トーンの色彩も気に入っています。

スカッとしない日曜日が続きましたが、これを撮れという思召しと受け止めています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 12, 2018

くじら顔

181110_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️落ちたての葉は彩鮮やかで楽しみの一つ。この葉は縞の感じといいどこかくじらの横顔に見えたので切り取ってみました。ややゆるキャラ系ですね。

これからのシーズン、落ち葉や霜、そして氷など、真下の地面に向かってフォーカスすることが多くなります。望遠ズームの寄り力を頼りにしています。

日曜の朝は3週連続曇り空、さらにじっくり“移ろい”を愉しんできました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 10, 2018

若すすき

181113_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️秋本番を迎え、これからふっくらとなるすすきですが、この頃のラインも移ろいとして見てみると魅力的。

プラナー開放を使い、前後にそれをボカし立体感ある空間構成となりました。曇り空ですが背景に玉ボケができてにぎやかに。

土曜の朝はまったり休養、明朝覗いてくる予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 09, 2018

ハーモニー

181111_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️金曜になりやっと11月になった今週の日曜日からの更新、2週続いて曇りの陽気、引き続き移ろいの彩を主題に見つけてきました。複雑にそれが重なり合う、絶好のシチュエーションがありました。

背景の朱をベースに、望遠ズーム開放による圧縮効果と奥行き感が、肉眼では創り得ない絶妙なハーモニーを生み出してくれました。

今週末は好天予想ですが、キリッと朝日を浴びたシーンがそろそろ恋しくなっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2018

移ろい凝縮

181108_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️草から低木辺りの色づきが面白いタイミング。散策路沿いにその多彩なポイントを見つけました。まさに“移ろい”を凝縮したようで魅力的。

とはいえ、ごちゃごちゃしないようにプラナーで主従をはっきりと、彩を背景にして表現してみました。人を入れても良かったかもしれません。

暖かい日が続き、今週は冬服を本格的に着れない“移ろい”の時。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2018

黄妖気

181101_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️黄色にはそんな要素はないと思っていましたが、この時は休耕田の真ん中に突然現れ⁉︎ と言う妖しい印象でした。

望遠ズームで雰囲気のままに、やや赤みを帯びた発色が印象を協調してくれているようです。コントラストは色の関係で勝手に。

今日は出張中の座席からの更新。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 06, 2018

蒼い葉

181102_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️この時期になると毎年立ち寄る朴木の下、朝露を浴びたその大葉、レンズ越しに見ると蒼くよみがえります。今年も出会えました。

やや斜面に落ちていたので葉面との角度を合わせやすく、望遠ズームでしっかりでディティールを切り取れました。青みは色温度の関係、多少コントラストを上げています。

色も模様も魅力的なデザインです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2018

日なた

181104_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️ススキを撮っていたところからふと振り向いてみると、雲間から陽が差していて、この朝ではつかの間の日なたが出来ていました。

付けていたプラナーでそのまま振り返り、ともかくシャッターを切った一枚。三脚なのでそれだけのことでも瞬間的には結構バタバタする作業。

今週の日曜日も曇り、2週続けてじっくり移ろいを探して。しばらくは先週から続けます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2018

旋律

181103_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️ススキの季節ですね。ここではあまり多く見かけませんが、ポツポツと良い雰囲気を醸し出すポイントがあります。際立つそれにフォーカス。

プラナー開放が生きる大好きなシチュエーション。背景のボケの中にある複雑な彩が何といっても大好物ですね。絵画のように仕上がりました。

でもう週末、土・日いずれもさらに深まる移ろいを見つけてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 01, 2018

ブチ横顔

181105_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️森の中に一際際立った“移ろい”を見かけ、迷わずファインダーを向けました。鹿の横顔にも似たそれを印象のままに切り取って...。

ハッとするような出会いの場合、何をどうしようかと考える前に体が勝手に動いています。結果は良いときもそうでないときもありますが、充足感は自然写真家の醍醐味。

自然の恩恵に助けられたといえる一枚。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »