« September 2018 | Main | November 2018 »

Oct 31, 2018

夜明けの秋草

181031_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ど晴天の朝をイメージして臨んだ今週の日曜日、夜明け頃は予想に反して曇天でした。秋の彩狩りには最適なシチュエーションなので目一杯移ろいを愉しんできました。

まだ薄暗い中、チクチク草の軸が赤く染まり、もう立派(!)に衣服にくっつく状態に。背景に黄色がありながらどんよりと、不思議な色彩気に入リそれらを重ねてみました。

どちらと言うと渋地味な秋景をいくつか紹介するつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 30, 2018

染まる

181028_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️緑から紅へ、まさに染まり始めた変化の過程みたいなものを感じる一枚。日がまだ昇る前に見つけるお楽しみでもあります。

望遠ズームでここは絞らず、また背景をやや落とし目にすることで主題の“変化”部分だけに視点が集中できるようにしています。

こんな出会いの静かな早朝は心穏やかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 29, 2018

野ジュエル

181030_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️逆光に輝く野草、まるで宝石のようにキラキラ、眩しいばかりです。休耕田にこの草の群生が見られるので、今年は特に気にしています。

谷戸の背景を利用し、フレア、ゴーストに気をつけながら。フォーカスポイントが見せどころの重要な要素ですが、いかがでしょうか?

昨日の日曜はまたいろいろ出会いがありましたが、もう少し先週の景から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2018

キラ草

181102_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️雲一つない日曜の朝、陽を浴び草木はいっせいにキラキラ輝きはじめていました。そんな中で切り取ったまずは1枚。ともかく綺麗。

玉ボケのシチュエーションなのでもちろん開放で。重なり合う前後をさり気なく絡め合ってくれるところが頼りになる相棒といえます。

明朝も良い天気のよう、さらに深まる秋景を愉しんできます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2018

紅葉いろいろ

181027_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️今年は台風の影響で、海沿いの広葉樹などは塩害でチリチリになっているところが多いようですが、この変化はどちらなのでしょうか?朱への途中であれば良いのですが。

と思いながら、これはこれでとても魅力的。自然がつくりだすその時の変化を切り取っていきます。絞りすぎず自然な見え方を意識して。

さあ週末、しばらく続く彩の変化をさらに見つけてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2018

深紫のしずく

181025_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️今週日曜の朝は朝から雲一つない日本晴れでしたが、前夜の雨で草木はしっとり艶やかな絶好のシチュエーション。紫を超えたなんとも言えない深い彩を見つけました。

特に際立つそれにフォーカスし、ポイントはしずくに合わせてみました。潤いある状態だからこそ生まれた彩とも言えます。

様々な変化の形を見せる今年の秋彩から紹介してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 23, 2018

山麓の落ち葉

181017_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 八ヶ岳

▪️一足早い落ち葉を。周りの草と比べてみると、季節の急速な移り変わりを感じます。やはり山麓の紅葉は鮮やかです。

地面を見ていれば、そこいら中に魅力的なシーンが転がっていそうなシーズン。散歩中でしたが中々前に進めません。

今回の八ヶ岳山麓からの散歩写真はここまで。またいつもの場所から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 22, 2018

池畔の秋彩

181019_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 八ヶ岳

▪️一週間前の美鈴池周辺、この時は見頃が始まったという感じでとても鮮やかでした。雲間からの一瞬の日差しが当たっている鮮やかな時を狙って切り取ってみました。

白樺やカラマツなど、久しぶりに山の樹木の中に身を置くことは嬉しい限りです。残念ながらフォーカスが甘いのはAFと開放のせい⁉︎ このくらいのサイズが限界です。

青空の抜けが良い秋晴れの朝から今週がスタート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 19, 2018

雨つゆ

181021_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 八ヶ岳

▪️朝方の霧雨を浴び、水滴をためているナナカマドの実。ここは標高1000メートル位に位置する宿の植樹、結構染まっていました。

手持ちでともかく寄り、艶やかな実の部分にフォーカスして切り取ってみました。ウェットなシチュエーションは何でもないモチーフを魅力的にしてくれます。

さあ週末、季節は戻るいつもの近所の秋景を覗いてくる予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2018

移ろいを感じる

181020_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 八ヶ岳

▪️美鈴池周辺の森は、このように結構染まっていました。ミズナラの秋色は好みの一つ、移り変わりを感じるこの感じが特に好きです。

見上げたアングルで、コントラストの関係から当然ややハイキーに設定しています。単焦点なのであまり考えず、良い配置の時だけ切り取ることにしていました。

たまにはいつも見ていないシーンを感じるのも良いものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2018

雲間を照らす

181018_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / 八ヶ岳

▪️ちょっと観光写真から、週末に行った八ヶ岳山麓。紅葉はもう少し後といった感じでしたが、ここ標高1600m辺りはすでに良い感じになりつつありました。雲間から差し込んだ光が一瞬池を照らしました。

別荘地の中にある美鈴池、長野の南牧村になるようです。人と散歩用のぺったんこ単焦点で潔く、平凡なアングルですが綺麗なシーン。

いくつかこの辺りの小景から紹介予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 16, 2018

ステップ

181016_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️徐々に朱に染まって行く、葉の階段のようなシーンを見つけました。彩が混じる複雑なシチュエーションが魅力的。

ライン状に面で並んでいるので、あまり絞らなくてもフォーカスポイントが増えてきます。その代わりにやや平凡な感じにもなってくるのですが。

草や低木の紅葉は一雨ごとにさらに深くなっていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 15, 2018

小世界

181017_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️野草が染まり始めています。上から眺めてみるとそこには、さまざまな小世界は広がっています。そんな中から、勢いを感じるポイントを切り取ってみました。

プラナー開放で楽しむ良いシチュエーションの一つ。背景のボケが適度な省略をつくり出し、イメージ通りの絵になりました。

秋らしさが少しづつですが認識出来るようになってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 14, 2018

旋律

181019_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️やや染まりかけた草むらに、一つの旋律のようなポイントを見かけました。孤高の草は、私が通称“チクチクの草”と呼ぶ、この時期絵になるモチーフ。まもなく服にひっつくトゲトゲとなります。

このような草むらが増え、ある意味写真家としては魅力的ですが、田んぼとしてはそれだけ管理する人がいないとも言え複雑です。

山の景色をのんびり眺めながらいつもの更新をしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2018

段々

181021_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️谷戸深部はまだ収穫にはもう少し。強風の影響をあまり受けていないようで、角刈りのような綺麗な面を見せてくれています。夜明け頃の雰囲気を。

プラナー開放の周辺がおちた感じが、何だかとっても雰囲気がでました。緑でも黄色でもない、微妙な色気がまだ残っています。

少し早い更新となりましたがこれから大好きな山の方にでかけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2018

紅点

181015_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️赤とんぼが目立ってきました。あぜ道の背景にマッチし始めていたので色々なアングルで。こういう頂がお好みですよね。

少しづつ近づき、もし飛んでも数回は元の場所に戻るので慌てず、色々な角度から切り取った中のワンカット。プラナー開放のボケが綺麗なものを選びました。

さあ週末、天候は微妙ですが少し山の方を覗いてくる予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2018

蒼い草

181012_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️夜明け頃のどんより曇り空、レンズを通すとこのようなブルートーンの表現になります。朝日のキラッと輝くときも良いですが、こちらも好みの世界です。

プラナー開放で少し引き、周辺のシチュエーションを盛り込んでいます。もちろんボケていますので雰囲気だけ。

じっくり、曇り空の“恵まれた⁉︎”秋景に踏み込んでいきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 10, 2018

変彩

181010_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️10月最初の週末は三連休、これは最終日の月曜日の朝。秋晴れを予想も重めの雲がどんより、移ろいの彩をじっくり愉しんできました。

見上げたところにちょうど変化の葉を見つけました。プラナー開放が似合う絶好のモチーフ、過程の躍動感みたいなものも表現出来ました。

地味ながら渋い彩が出せる曇り空は魅力的。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2018

移動を感じる

181009_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/寺家ふるさと村

▪️ちょうど今は下草、つる草が色づき始めているシーズン。雨降りの中、バランスの良いそれを見つけました。

季節の移り変わりを感じる、このようなシーンが好きです。配置的に縦アングルにしたところ、まるでパラパラ漫画みたいに移動しているように見えてきました。

このような変化のモチーフがしばらくは増えてくるかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2018

収獲彩

181008_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雨降りの中、まさに収獲を迎える稲穂の極まった彩を見つけました。ウェットなそれは、レンズを通すと濃い印象をつくり出します。

望遠ズームで際立つ部分だけにフォーカス、出来るだけその他の印象は省いています。晴れでも曇りでもない、雨の日だからこそ魅せてくれたシーン。

気温が上がりそうな週末、明朝辺り覗いてこようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2018

雨降りの葉

181006_w_2
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/寺家ふるさと村

▪️9月最後の日曜日、朝方は小雨が降り、日中は一時晴れ間も見えましたが、夜には台風通過という目まぐるしい1日でした。まだ穏やかな朝方から。

雨がしっかり浸透し、ウェットな状態の葉は光沢を帯び魅力的。やはり湿潤な方が日本の自然にはマッチします。

雨降りの日の楽しみの一つ、でもう週末⁉︎ 瞬間を見過ごさないよう覗いてきます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 04, 2018

葉の装い

180927_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️田んぼをふと見上げると、つるに覆われた雑木が目に入りました。決して珍しくありませんが、きれいに装ったそれはとても魅力的。

望遠ズームでバランス良く、日が差し込んだ時のものもありますが、装いがはっきりする薄日のものを選んでいます。

ぼちぼち今週日曜日の雨のシーンからにシフト予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 03, 2018

小さな門番

180928_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️田んぼに黒い稲穂が際立って見えます。古代米などでしょうか?視覚的にはこれも魅力的。合間にかかる蜘蛛の巣を主に切り取ってみました。

あぜ道には入れないので、できるだけ近くに寄れる場所からローアングルで。見慣れない不思議な色彩が新鮮に映ります。

ここのところの良い陽気を覗きに行けないのが残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2018

のんびり彩

181003_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️天候はスッキリしないものの、なんとなく晴れ間が覗いた三連休のひと時。収穫頃の田園風景を満喫しています。

ボケボケのんびりの雰囲気に見えるのは、犬を連れている自転車の方が入ったからでしょうか? 良いバランスで切り取れました。

刻一刻と変わる里山の秋景を愉しんていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2018

風のあと

181001_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4
/寺家ふるさと村

▪️台風が通り過ぎ、折れた枝や葉が地面に散乱していました。皆さんのところはいかがでしたでしょうか? これは先週のカットですが、風の軌跡を切り取ったもの。

流れがそのまま跡になったという、ここまで何回かあった強風の形。やや俯瞰からその流れを切り取ってみました。

今回の強風で被害になっていないことをお祈りしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2018 | Main | November 2018 »