« December 2017 | Main | February 2018 »

Jan 30, 2018

朝焼けころ

180130_w1
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️先週の月曜日には大雪が降りましたが、これはその前日の日曜日。冷え込みはそれ程でもありませんでしたが、霜は割と高い位置まで降りていました。冬のこの時期、朝焼けが最初に訪れるいつものポイントから。

プラナー開放を使うと、背景の人工物などを含めたディティールを、イメージだけに省略してくれるので助かります。

大雪の撮影は出来ませんでしたが、その1日前の日曜からいくつか更新予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 24, 2018

吹きたまり

180123_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雑木の付け根は枝分かれなのか、ポッコリとくぼみの出来ている樹が多く、そこに枯葉がたまっている様を切り取ってみました。

望遠ズーム開放で、ボケボケの前後からの幹と主題との、実際はそんなにない奥行き感をより強調するアングルはさすが。

今週はこれが最後となるであろう南国の地から更新していきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 22, 2018

池の氷

180125_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️寒い日が続き、池は氷が張っています。青空と雑木色が映り込み、それだけで何となくアートしていると思いませんか?

ネイチャーはただ観察して発見したものを、ただ切り取るだけとも言えますが、何をどう感じたかで出来上がりは大きく変わってくると思っています。感性を信じて印象のままに表現していきます。

それにしても久しぶりすごい雪となりました。週末まで残っていそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 21, 2018

雑木冬景色

180121_w2
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️雑木林の丘で見える冬景色から。笹の緑はありますが、わずかな残紅葉以外は何層にも折り重なった枝だけのシンプルな世界。

望遠ズーム開放で圧縮効果を使用しつつ、開放 前景、中景を配し、よく見るとにぎやかな雰囲気をそのままに切り取っています。

今週末は穏やかな2日だったにもかかわらず明日の雪予報が心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 18, 2018

氷型

180118_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/寺家ふるさと村

▪️池や田んぼのあちこちが凍りついています。寒い土曜日の朝、夜明けまではそんな氷の世界をさまよっていました。型を抜いたような葉が目に留まりました。

陽が当たる前の低い色温度を利用して、寒い朝の印象をより強調してみました。たまの縦アングルも新鮮に感じます。

横浜の里山なりの冬本番のシーンが始まっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 17, 2018

枯草野

180117_w1
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️ここ何年か草ボウボウとなっている休田、草刈って綺麗に管理して欲しいと思う半面、ここが案外作品づくりに貢献してもくれているので複雑です。

背丈の高い枯草だけが朝陽を浴びるこのシチュエーションは、印象的であり幻想的でもあります。広角で影の部分も入れややパースペクティブに。

久しぶりに寝る前の更新ですがこれも悪くありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 16, 2018

挨拶

180118_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️丘の上から俯瞰出来るポイントのひとつから。朝の散歩で行き交う同士は、誰でも何となく挨拶をしてしまいます。そんな印象的なシーンから。

ここでは望遠ズームながら、辺りの環境を入れ出来るだけ自然な感じで表現するようにしています。きっと、ずっと前から訪れているであろうここのベテランさん。

車の止まっていないこのような週末のシーンは早朝だけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 14, 2018

北国気分

180115_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️ただ寒いだけでここまでの高さが凍る事はないですが、まるで北の地方で撮影しているような寒々しいシーンに出会いました。

望遠ズームで少し寄せる必要のある距離、背景とのコントラストで光る枝が強調され綺麗に浮かび上がりました。

海外の撮りためた作品から少しづつプリントしてみようと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2018

にぎやかな空

180114_w1
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️この日の明け方は、風が強い訳でもないのに空の景色がめくるめく変化し、しばし空を眺めていた中の一枚。鳥の羽根をふわっとまいたようなシーン。

広角で岡の木立ちと共に、ダイナミックなイメージで切り取ってみました。雲次第で空は印象を大きく変えるので飽きません。

週末の今朝、“寒い”景観を味わってきましたがそのカットは後日に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 12, 2018

霜草

180113_w1_2
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️寒いだけでは草の上まで霜が降りません。この朝は良い条件が重なったのかかなり白くなっていました。休田に分け入りそれに迫ってみました。

プラナー開放ながら、朝日差し込む前の青彩が冬らしい緊張感を出してくれたと思っています。ボケボケの人が私のエッセンス。

“寝る”以外の長い移動時間の使い方を考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 11, 2018

明け空

180112_w2
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️6日の夜明け、この日は早朝雲の変化が魅力的で、到着後しばらくは空を覗いていました。まずは明けの空色を。

広角でローアングルから前景を入れて切り取ってみました。空とシルエットを、感覚的にどのくらいのバランスにするかを意識しています。

満員電車でも足元が冷たいシーズンになっています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2018

枯一草

180109_w2
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️どこにでも生えている衣服にくっつくチクチクの枯草、ポツンと一草朝陽を浴びて輝く魅力的なシーンを見かけました。

プラナー開放で、背景のボケと独特の茶色の発色を愉しむ、私にとって好みのシチュエーション。地味ですが“らしさ”を表現出来る絶好のモチーフ。

朝のキンとした空気感に馴染んで来ています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 09, 2018

凍線

180110_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️しばらくぶりのゆっくりとした日本の正月、私にとって特に寒い日が続いた感じですが、如何でしたでしょうか。雑木の枯葉が凍っていました。

奥行きのある条件を生かし、絞り込まず主題に効果的なフォーカスとしました。この時期はほのかに各々の葉色が残るので魅力的。

防寒はしていますが撮影中は寒さを感じないので不思議です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 05, 2018

冬枝きらり

180105_w1
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️落葉した後の冬枯れの雑木林にも、多くの魅力的なシーンが待っています。逆光に照らされ、光輝いているように見える枝。

距離があるのでここでは望遠系が必須、背景とのコントラストが良いバランスのこのポイントは毎年チェックしています。

正月明けの通勤車内からの今年初更新しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 01, 2018

寒い小路

180101_w_41
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家ふるさと村

▪️あけましておめでとうございます。寺家ふるさと村をまたベースとして、日本を中心に都市の中のサンクチュアリみたいなものを表現したいと思っています。

寒い朝が続き、田んぼの小路はすでに枯れ果ててしまっていますが、朝日が差し込むと何か良いことがあると信じ、そんな感じで可能性を追っかけてみます。

今年も更新はボチボチ、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »