« August 2017 | Main

Sep 12, 2017

カモフラージュ

170911_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️緑の中を覗いていると、まるで枝の様な小さな生き物が、ナナフシの仲間でしょうか、ちょっと存在を分かりやすく切り取ってみました。

これはもう望遠ズームの出番、寄り過ぎず離れ過ぎず。少し平凡なアングルですね、昆虫写真家ではないのでもう一捻り必要だったかも知れません。

いっぱい潜んでいるはずですが、中々見つからない小さな世界。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 11, 2017

キラキラ若葉

170912_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️南国の若葉は赤っぽことが多い気がします。ここではベージュっぽいですが、やはり緑ではありません。逆光の水辺をバックに。

プラナー開放で背景を省略し、主題を際立たせる様にしています。キラキラ反射を上手く処理出来るところがこのレンズの魅力。

南国の樹木特性が段々分かって来たようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 07, 2017

夕刻の2人

170905_w_2
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️今週末の日曜日から。しばらくちゃんとした雨の降らない、ある意味良い天気が続いていました。 陽が沈みかけた木道を行く2人、ちょっと気になり印象のままに。

太陽の向きに歩いていてふと振り返った順光の方角、プラナー開放でポイント以外を出来るだけボカす事でイメージを強調しています。

変化を切り取る自然写真家にとって、天気ばかりが続くのはあまり思わしくないシチュエーション⁉︎


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 04, 2017

彼方で追いかけっこ

170904_w
Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️追いかける仕草に見えて来ました、彼方の流れる雲を眺めながら。瞬間で形を変えていくその姿は、こちらの印象次第で何にでもなる可能性を秘めています。

ここでは水辺も入れ広角で。あまり風が無かったのか、映り込みがとてもきれいでした。やや青みがかった色彩は好み。

静かな夕暮れ時を独り占めしている感があるポイントから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2017

呑み込む

170903_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️大きな口を開けてなんでも呑み込んでしまう、そんなイメージに見えた雲。まだ夕日に染まる前の西の空から。

標準系のレンズでイメージのところだけクローズアップ、暗い印象にならないギリギリのところまでコントラストを上げる調整をしています。

赤く染まらない夕雲もそれは魅力的と感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 02, 2017

森の妖怪

170901_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️森の中によく見られるシダですが、ちょっと私特有のカメラアイで見てみると、不思議な世界が浮かび上がりました。

プラナー開放の力、綺麗なボケが、何でもないモチーフだったのですが、特別なイメージの世界へ導いてくれます。

私流!と言えばこの世界と言えるかも知れない作品の一つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 01, 2017

木漏れ日をぬける

170831_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️水辺の木道を行くと、まだ高い夕日がくっきりの木漏れ日をつくり、まぶしい光景が出来上がっていました。散策の人をシルエットに。

アングルを決め、構えるだけのシチュエーション先行のモチーフ。こんな時は良いバランスで人が入ってくれないかなと思うもの。うまいこと…。

水辺の木道はここ最大の魅力でいつもチャンスを狙っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main