« August 2016 | Main | October 2016 »

Sep 29, 2016

石の樹

160927_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM
/ Bukit Batok Nature Park, Singapore

▪️いつのように初めての公園を散策していると、歩道のすぐ脇に石に絡みつく魅力的な樹を見かけたので切り取ってみました。

すぐ周りに人工的な柵があることもあり、縦で印象の被写体部分だけにしています。南国の樹は、マングローブや宿り木など多彩な表情が楽しめます。

とはいえ、狭い国なのでぼちぼちネタ切れ感⁉︎ そろそろ2巡目になりそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 28, 2016

月明かりのように

160925_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM
/Upper Seletar Reservoir Park, Singapore

▪️並み立つ池の輝きを強調したら、何だか月明かりのような雰囲気に⁉︎ それでもこの反転的な効果が結構気に入っています。

まだまだ明るい日差しの中、どこでも何でも切り取れるぺったんこレンズがうまく描写してくれました。映っている対岸辺りに有名なナイトサファリがあります。

更新久しぶりでした、ボチボチと紹介予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 10, 2016

緑の中のカフェ

160910_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / Dempsey Hill, Singapore

■この辺りは粋なカフェやレストランが森の中に点在し、特に夕刻には欧米系の人達で賑わいます。夕暮れ間近の時間に見かけた、何となく懐かしいカントリーサイドの雰囲気⁉︎ を感じたので切り取ってみました。

ここに来ると、東南アジアということを忘れてしまうくらい欧米を感じます。そんな場所が多いのもこの国の魅力の一つかも。

Singaporeは3連休の週末ですが、今日はしっかり働いてしまいました⁉︎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 08, 2016

もや立つ日常

160909_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / Alexandra, Singapore

■ シンガポールではよく見る生活圏の雰囲気。バス停と歩道橋、だだっ広い芝の大空間。これは夕方ですが、早朝だったらきっともっと良く見かけるシーンでしょう。

レンズは一本ですので選択枠は限られていましたが、もや立つ雰囲気は、らしさも併せ魅力的な作品になったかと思います。

街中とはいえ、豊かな緑が随所にあるのがこの国の魅力です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 07, 2016

都市のオアシス

160907_w
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM / Alexandra Canal Linear Park, Singapore

■ 読書の秋⁉︎ 季節感は全くないですが、夜な夜な読書をしていて更新遅くなりました。ジカが流行ということで先週末は緑の中は自粛、街歩きをしていました。いつものところでも蚊に刺されることはないのですが。

ここは街中のリバーサイドを抜けた所にある遊歩道の公園。シンガポールらしい都市と緑との融合が見事です。印象的なレジデンスと共に。

読書は睡魔との闘いにより・・・、ついにページが進まずにいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 02, 2016

カメラ目線

160831_w
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️この日は水辺付近に猿が集まっていました。森を縦横無尽に移動する辺りは、やはり野生の習性でしょうか。カメラを向けると、一匹だけこちら目線の愛くるしい表情⁉︎

望遠ズームで良い距離でしたが、小刻みに動くこのような被写体には、やはりMFレンズは不向きです。じっとこっち目線でいてくれるとありがたいです。

AFズームも必要かなと感じる遭遇でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 01, 2016

鮮彩草

160901_w
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/MacRitchie Reservoir Park, Singapore

▪️いろいろな草が生えそろう、通路脇にある鮮やかな色彩の一角をみかけたので迷わず切り取ってみました。

個別には日本でも見られそうな品種の野草ですが、このようにバランス良く配置された状態は中々見つからないかも知れません。ランニングの人を背景に、プラナー開放で柔らかく。

勝負レンズのCarl Zeiss、薄暗くても三脚絡めて作品化出来ているので助かります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »