« January 2015 | Main | March 2015 »

Feb 25, 2015

ほのかな予感

Data150225_2
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■枯れ田にポツポツと息吹が・・・、でもまだあまり綺麗でないので彩りだけ。水面に浮かび上がる冬木立にフォーカスしてみました。

小雨混じりの曇りのため、ボヤッとした色気となりましたが、そこがまた気にいっているところでもあります。望遠ズーム開放の世界。

帰宅時の電車内の更新が続きます。意外と落ち着く一時。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2015

黄色い指

Data150224
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

▪️小雨舞う寒さの緩んだ日曜日の朝、枯れ草の田んぼから新しい息吹でも⁉︎と探していたら、鷺の方から勝手に近寄ってきました。黄色い指が冬の背景の中で印象的でした。脚を上げたところを。

ゆっくりでも前後に動くこのような被写体は、マニュアルフォーカスのヤシコンには苦手な対象で、望遠ズームのフォーカスを合わせるのに一苦労。それにしても寄ってきたのは傘を差していたからでしょうか?

ネイチャー野郎のなんちゃって鳥写真でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2015

妖樹

Data150219
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/ 寺家ふるさと村

■碧い背景に浮び上がる、樹木の重なりに目が止まりました。まるで妖気を発しているかのような迫力にも感じました。

望遠ズームで前後の空間を圧縮じ、樹木の重なりがより一体感となるようにしています。開放にすることでゴチャゴチャ感を省略、手前の枝が良い雰囲気で入りました。

冬の森は樹木輝く魅力的なモチーフで溢れています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2015

ジキルとハイド

Data150218_2
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4
/ 寺家ふるさと村

■霜のついた朴の落ち葉、好きな斑模様をとファインダーを覗いてみると、肉眼では気付かなかった、右側と左側の彩が違っていてこれもまた魅力的。

望遠ズームでマクロ的に、これだけ大きな葉だと、そのものだけをクローズアップすることが出来ます。フラットではなかったので、やや絞り込んで中央部分にフォーカスが来るように。

縦アングルはたまにですが次回も連続してみる予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2015

輝く幹

Data150217
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■朝日で枯れ落ちた幹が光り輝く季節。朝露がえいきょうしているのでしょうか、森のあちこちに見られる光景。

銀色に光る幹の部分を望遠ズームでクローズアップ、背景の影とのコントラストで、より輝きが浮かび上がって見えてきます。

日付の変わった、この位の時間での更新が続いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2015

霜の華

Data150215
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■今週末は土曜日の朝、「寺家ふるさと村」を覗いてきました。特別凍ってるという訳ではありませんでしたが、あぜ道で華の様に筋の長い霜柱を見つけました。

このような被写体では、フォーカスポイントが重要となります。魅力的と感じた、左右に開いた手前の部分にそれを合わせています。青みの出る朝の色温度は予定通り。

冬の朝ならではのシーンから今週もいくつか紹介予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2015

3月写真展のお知らせ

Data150214

■一年ぶりとなりました地元開催の写真展についてお知らせします。

タイトル: 癒しを求めて -潤いあふれる里-

場所: 寺家ふるさと村 四季の家
日時: 2015年3月 8日(日)~3月20日(金) 9:30~17:00 (火曜日休館)

昨年はグループ展のみで一年お休みとなりましたが、「寺家ふるさと村 四季の家」開催の個展は12回目、今年はやることにしました。

会場の環境は一新し、今迄は16点の作品展示でしたが今回は12点。半切もしくはワイド四切で構成する予定です。現在候補作品選考中、おおよそ決まりましたが。

地域のサンクチュアリィである「寺家ふるさと村」、癒しを求めて四季を通し、地域の人々が多数訪れます。もちろん私もその一人。潤いのある魅力を中心に構成しようと思っています。

実際、12点でその世界感を表現するのは難しいところ。これまでの16点でも難しいと思っていましたので。季節や色彩やアングル、単純に今シーズンのベスト12、で済まないところが個展構成の難しいところです。

毎年同じことを言っていますが、写真はプリントとなって初めて作品になると思っています。やはりWeb上ではきちっとした作品性はお伝え出来ません。会場は展示環境として決して良いとは言えませんが、リアルな質感と共に、是非実際の作品をご覧頂ければと思っています。

今年は例年よりスギ花粉が多いようです。マスク持参で若葉芽吹き始める、早春の散策ついでに是非お立ち寄りください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 13, 2015

色づき

Data150211
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■「寺家ふるさと村」の梅林、シーズンによっては1月末にも咲き始める時があるのですが。今年は少し遅い方かもしれません。咲き始めの斜面の紅梅にスポットで陽が差し込んでいました。

梅、桜は滅多に狙わないのですが、光の様子が魅力的だったので。望遠ズームで印象の部分を切り取ってみました。

ここの所の暖かさで一気に開花が進んでいることでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2015

シルエット

Data150212
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■残雪の抜けた部分のシルエットが何かに似ているかなと。私には犬に見えてきましたが、いかがでしょうか?

望遠ズームでやや絞り、エッジ部分にフォーカスが来るようにしました。祭日はちょっとのんびり、実は3月予定の写真展示の作品選考をしていました。

間もなく告知予定ですのでよろしくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 10, 2015

くねり

Data150210
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/ 寺家ふるさと村

■雪の予報は外れ、また残雪とはいきませんでしたが、霜の降りた土曜の朝を愉しんできました。幹を白くしたそれ、くねりが魅力的でした。

プラナーの得意な被写体、開放で枝ぶりから背景まで、適度に省略してみました。躍動感が出るのがまた面白いところ。

沢山ではないですがキラッと輝くポイントから更新予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 06, 2015

足跡

Data150206
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/ 寺家ふるさと村

■残雪の中を歩いていると、自分のトレースではない足跡を見つけました。鷺か何かでしょうか? 日影の青みが気になる雰囲気を創り出していました。

プラナー開放気味で周辺光量落ちていますが、逆に焦点が絞られ、作品性としては効果的な判断だったと思っています。

ここまで降らなかったのですから、もう空雪(!)であって欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2015

シルエットな時間

Data150204
Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■谷間に差し込む朝日、浴びる枯れ草とその向こうを横切る人々、残雪と共に冬らしい情景を愉しんでいます。

冬の朝日はこのポイントあたりから陽が当たるので、スタートは大体ここから。思ったように人は通りませんがそれもまた魅力の一つ。

明日もまた雪のようですが、撮りに行くのは週末の残雪のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2015

残雪模様

Data150203
Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/ 寺家ふるさと村

■金曜日の雪が思いの外多く、土曜日の早朝は車の出動が出来ない程でした。そこでやや諦め半分で日曜の朝、残雪の景を求めて「寺家ふるさと村」を覗いてきました。魅力的な雪模様を見つけました。

これはプラナーの画角、と視覚に近いアングルそのままに。溶けかけている部分の青みと、田んぼの刈り取り後の稲穂の模様がパターン化し、素敵なモチーフとなっていました。

今週は“白”の混じるシーンの中からいくつか更新予定です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »