« November 2012 | Main | January 2013 »

Dec 31, 2012

輝く瞬

Data121231
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■今年最後の朝、31日は雨上がり。夜明けすぐは一瞬朝日が差し、ウエットな樹達が輝きを放っていました。

背景の空はどんよりとした厚い雲、輝きを強調してくれました。適度なフォーカスとボケはこのレンズにうってつけのモチーフ。

2012年の更新はこれで終了します。皆様よい年をお迎えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 29, 2012

枯れすすき

Data1212029
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4 / 寺家ふるさと村

■冬枯れの雰囲気にぴったりのモチーフ、ここではその背景の色彩に魅かれました。きれいなボケが出来ました。

プラナー開放の魔力がここでも!! ゴチャゴチャになりそうな状態もうまく料理してくれています。感謝して使っています。


今年も残りあとわずか、年内あと一回は覗いてこようと思います。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 26, 2012

雲の切れ目

Data1212026
Canon EOS 40D EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS/ 寺家ふるさと村

■三連休の中日、23日の日曜日の朝は曇り空。どんよりとした中に雲の切れ間を見つけたので、初冬の里山をシルエットに切り取ってみました。

木立の前景とうねった丘のラインを入れ、ややパースペクティブにと思い、久しぶりに広角ズームを使って表現してみました。早朝の冷える空気感はやや色温度を下げたイメージに近い色彩で。

一見変化に乏しい天候に見えますが、それなりに沢山の魅力が輝いていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 21, 2012

初冬を映し出す

Data1212021
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■池の映り込みを観ていました。この辺りの今らしい初冬のシーンになっていました。きれいなアングルを見つけシャッターを切りました。

水辺にフォーカスを合わせるか、はたまた映り込んだ背景に合わせるのか? もちろん答えはありませんが、今回は映り込みがベターと感じ、バランスの良いところを切り取ってみました。

さあ明日を乗り越えるとクリスマス3連休、もうひとがんばり・・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 20, 2012

幹を覆う

Data1212020_2
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■朱色や黄色から、茶色へと彩が変わり始めた中で、鮮やかな緑が雑木の幹を覆っていました。ヤドリギの一種と思われます。この季節では目に優しい!!

幹を真下から上へ見上げるようなアングルで、望遠側により葉のディティルを感じる程度に前後をぼかして表現してみました。

今週も中日を過ぎ、折り返さなくてはなりません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 19, 2012

初冬の空気

Data1212019
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■谷戸全体に陽の光が入り始めると、靄は晴れ、くっきりとした空気感に変わってきました。気温は高いものの、雑木の森はほぼ最終章。

撮影終了で機材を片付け始めたときに見かけた景。出会いのシ-ンがあちこちで見られる朝の道路、望遠ズームで「人のいる風景」にちょうど良いボリュームを。

この日のぽかぽか陽気からか、より穏やかな雰囲気になっているかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 18, 2012

あぜ道から湧く

Data1212018
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■日曜日、異常なほどぽかぽか暖か陽気、前日の雨を含んだ里山全体から靄が湧き上がっていました。谷戸のちょっと風情あるあぜ道をモチーフに切り取ってみました。

暖められ、風の止まるタイミングでゆっくりとそれは舞い上がります。かたちの良いタイミングでレリーズを押す。このときハレギリは重要なポイント。

暖か陽気とは裏腹に、里山は晩秋から初冬の彩になってきています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2012

黄色がきれい

Data1212015
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4
/ 寺家ふるさと村

■今年の秋は、全くの私見ですが黄色がきれいだった印象が残っています。前の日曜日、森の中で見かけた鮮やかなそれを切り取ってみました。

樹の真下から見上げ、プラナー開放で主題だけにフォーカスが来るよう設定しています。縦アングルは奥行きを強調。

さあ明朝の「寺家ふるさと村」に備え、そろそろ就寝・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2012

残葉

Data1212014
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■雑木の森では、いよいよ色付いた木立を観れるのも残りわずかになってきました。光を浴び、それらが鮮やかに浮び上がる瞬間を切り取ってきました。

複数の樹が連なって、葉と木立のうねりが出来上がりました。背景が影となり、コントラストが鮮やかさを際立たせてくれました。

日付の変わった遅い更新も、やや慣れてきています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 13, 2012

雑木の色

Data1212013
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■この辺りの雑木林の代表、コナラの紅葉をスカイブルーの空をバックに切り取ってみました。例年になく鮮やかな色。

前回の見下ろす被写体とは間逆、首の運動に丁度良いような真上を覗いています。望遠ズームでいくつかアングルを切り取った中の一枚。結局、あまり寄せ過ぎなかったカットを選びました。

今週で一気に冬の様相になっていそう!? そろそろそんな季節。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 11, 2012

吹き溜まり

Data1212011
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4 / 寺家ふるさと村

■日曜日、夜明けから良い天気、どちらかというと良い天気過ぎて困るくらい。そこでまだ日の差さない谷をいくことに。

水たまりに、前日の強風が原因と思われる多彩な落葉が一堂に集まった、いうなれば吹き溜まりを見つけました。ちょっとしたアート、自然がつくりだした不思議な造形。

週はじめから日付変更線を越えた更新、眠気は何とか大丈夫でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2012

朝の色

Data121208
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■秋色に染まった雑木の森、その中に一際輝く色を見かけました。陽が差し込み始めた頃。観たままのイメージで切り取ってみました。

この場合、望遠ズームのやや標準側で出来るだけ環境を入れ、ありのままの自然な感じで表現してみました。もう少し大伸ばしにすると迫力が出ます。

さあ週末、今週も日曜の早朝から覗いてみる予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 07, 2012

里山染まる

Data121207
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■急激に冷えてきたことが、遅れがちだった季節経過を一気に逆転させたかのよう。最後になるナラやクヌギの雑木がこれだけ染まって来ています。

丘を縦断する散策道から、望遠ズームのテレ側で、路に人が入るのを待って切り取っています。ジョギングの方でした。

もうあと一日で週末、その前に睡眠ですね!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 05, 2012

うす霜

Data121205
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■冷えた日曜日の朝、丘のふもと辺りの落葉には、薄っすらと粉上の霜が、葉の色を残しながら着いていました。ちじれた凹凸が魅力的だったので、その部分を切り取ってみました。

マクロ的にこの望遠ズームが使えるので、ここでは三脚で垂直下部に向け、最短焦点距離近くから絞り、はの凹凸いずれもフォーカスできるようにしました。色温度は低めに、寒い雰囲気を青みで表現しました。

日付が変わり、やっと日曜日分の編集、更新が完了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2012

山道を往く

Data121201
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4 / 寺家ふるさと村

■俯瞰から秋色を入れ、散策する人をいれて切り取って見ました。ここは舗装され整備された路、老若男女、さまざまな人々が行き交います。

プラナー開放で柔らかい景観を、フォーカスは人になるようセットして待っていたところ、通りかかった方々を点景にして。

明朝、きりっと冷えた「寺家ふるさと村」晩秋の景を覗いてくる予定。


作日から富士フォトギャラリー新宿で開催中の日本広告写真家協会(APA)新鋭展に今日行ってきました。同会員で友人の写真家、奥村浩司氏からお誘い頂き、同氏の作品と共に、広告写真の精鋭の面々の、完成された作品を観ることが出来ました。

よくネイチャー系の写真展は行きますが、最近やや刺激が足りない感じを持っていました。どのジャンルでも、プロの洗練された作品からは何か新鮮なものを感じました。

6日まで開催中ですので、是非ご覧下さい。場所はこちらから。
http://www.prolab-create.jp/culture/gallery/shin_gallery.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »