« January 2010 | Main | March 2010 »

Feb 28, 2010

雑木のシルエット

Data100228
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■あっという間に2月も最終日となってしまいました。今週は撮影に行く機会がなく・・・、世の中はオリンピックや地震、津波など、いろいろな出来事が起こりました。

3月14日からの写真展、気ばかり焦ってなかなかフィニッシュワークに進みません。毎年の悩みですが、限りある展示点数を絞る際、構成に迷ってしまいます。16点でタイトルを表現するって結構難しい事です。といって欲張っても、会場の環境上それ以上展示も出来ません。

後2週間!何とかしなければなりませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 25, 2010

拡がった光軸

Data100225
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■靄の日を最高に楽しみにしている中の一人。尾根伝いに生える立ち枯れの雑木に光が差し込み、相乗効果としてワイド方向に広く光軸が現れていました。

ややオーバー気味に仕上げて、“見える”光、靄の部分が際立つよう気をつけています。まぶしい朝の雰囲気が出ていれば幸いです。

日中暖かい日が続いています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 23, 2010

光る幹

Data100223
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■冬の低い光では、里山の谷に光が差し込むとき、幹や枝だけが輝く条件がよくあります。背景はまだ日影、強いコントラストから、その輝きを強調することが出来ます。

穏かな日曜日、氷もあまり見られなかったことから、モチーフ探しに里山の尾根へ上がったところでした。輝く幹をいろいろなアングルで切り取っていました。

あっという間に今週、2月最終週が始まっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 20, 2010

まぼろしを見る

Data100220
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■レンズ越しだけに見える不思議な世界。こういう可能性を探しに、週末の朝出かけていきます。開放が美しいZeissレンズは、今のところ私の作品には無くてはならないものとなっています。

ところでこのカット、実は二段くらい絞っています。というより・・・、絞ってしまいました!ちょっと気を許したため、絞りのダイヤルを元に戻していませんでした。それでも、玉ボケのカクカクはあまり気にならなかったのが幸いでした。(これから気をつけなくては!)

週末が来ました。3月開催予定の写真展の準備、もう候補絞り込まないといけませんが・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 17, 2010

幹も凍る

Data100217
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■雨降りの翌日、小枝や雑草についた水滴が凍り、朝日を浴びて宝石のように輝きを放っていました。ここに写っている氷は、まさにシンプルな中で枝が重なった部分がおもしろく、空気感を表現出来たかな?と思っています。

きっと積もらないとは思いますが、明朝また雪の予報です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 14, 2010

自然レーザー

Data100214
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■昨日までの雨(やや雪)が凍り、朝日をうけ、里山全体に靄をつくり出していました。無風に近いことも影響したと思います。

光の流れが、この靄があることではっきり浮かび上がります。枯れ木立越しに、光と影が織り成す部分を切り取っています。

今日はバレンタインデーでしたか!? つかの間の暖かな朝を愉しんできました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2010

日曜の残り雪

Data100211
Canon EOS 40D EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS / 寺家ふるさと村

■しっかり残っていました。平日は、私みたいな物好き(!)以外誰も人が入らない場所なので、降ったそのままの状態で凍っている、そんな状況です。(獣の足跡はありましたが・・・。)

雪と氷のコントラストがおもしろかったので、広角系で絞り込み、冷え込んだ朝の雰囲気を表現してみました。

今夜もまた雪が降りそうです。積もるでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 08, 2010

日向の道

Data100208
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4 / 寺家ふるさと村

■太陽が上ってきて、里山の小道にも日が射してきました。絞りを開放にして、日向の暖かい雰囲気を絵画調に表現してみました。かじかんだ手も、日にかざしていると救われます。

日曜日は・・・、やっぱり寒い朝を迎えていました。日影の田んぼで、氷や残雪を切り取った後、暖を取りに日向の道へ上がってきたところでした。

柔らかい感じを追っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2010

冬の虫 !?

Data100204
Canon EOS 40D Planar T*50mmF1.4 / 寺家ふるさと村

■長靴でしか入れない湿地の枯草エリア。もっとも、霜や氷で締まった朝は、ぬれずに入ることが出来ますが。ある枯草をよーく見ていると・・・、何か芋虫のような頭を持つ、多分生き物(だった)のような物体を見かけました。

もしかすると・・・、芋虫がここで固まって冬虫夏草のようになっているのかも?などと想像を張り巡らせながら切り取って見ました。2段くらい絞り、その小さな物体全体にフォーカスがいくように、また、背景をボケボケさせ過ぎないように配慮しています。

どうでしょう、これは何でしょうか?知っている人教えて下さい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2010

ながれる雲

Data100203
Canon EOS 40D EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS / 寺家ふるさと村

■夜が明ける前から、谷戸の日影で枯れ葉や氷などを探していたところ(これがいつも寒い!)、空をふと見上げてみると、印象的な筋雲が通り過ぎようとしていました。それはまるで人魚のような、穏かな柔らかいラインに感じました。

純正の(ナンチャッテ!)広角形レンズ使い、里山上部を取り込みながら、全体の中での表現が出来たのではと思っています。実は、あまりの寒さに早く日向に当たりたい!と思っていた矢先でした。

今日も、日付変更近くでの更新となってしまっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2010

ゆがみに映る

Data100201
Canon EOS 40D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 / 寺家ふるさと村

■凍ったシーンは一休み、日曜日は穏かな朝を迎えました。とはいっても日影は結構寒く、日向を探して立っていることが多かったかも。

池をのぞいてみると、木立の映り込みに定期的な波のような模様が重なっていました。このウェーブをアクセントに寒い冬の雰囲気を表現してみました。全体の色のトーンも気にしています。

気になるモチーフを探し歩きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »