« January 2008 | Main | March 2008 »

Feb 28, 2008

瞬間冷凍

Data080229
MINOLTA DIMAGE A1 / 寺家ふるさと村

■雑草が、みどりそのまま氷で封印されていました。まるで冷蔵庫のフリーズドライのようです。田んぼの水溜まりで、この時期良く見かける小景です。それにしても今年は良く凍ります。

じっと立っていられない程寒い日影でのお愉しみです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 27, 2008

浮かび上がるライン

Data080227
MINOLTA DIMAGE A1/ 寺家ふるさと村

■谷戸に出来る光と影。形の良い枝に光が差し、背景は影になるという、絶好のシチュエーションを見つけました。その形は、まるで両手を広げデュエットしているシンガーのように感じていました。

コントラストを強調して印象をより強く、といういつものパターンで表現してみました。「寺家ふるさと村」では、低い光の時間帯には、必ずどこかで見れる景色で、大切なモチーフのひとつ。

このところの陽気、そろそろ春の息吹が見られそうな予感です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2008

寺家ふるさと村/風の中

Data080226
MINOLTA DIMAGE A1

■こんなに風の強く寒い中でも、のんびりと散歩をしている人がいました。全体を枯れた色気にし、“寒い”感じを表現してみました。昔のカラープリントのような、古臭い雰囲気になっているかもしれません。

この谷戸沿いの路は、週末路上駐車の車でいっぱいとなりますが、さすがにこの日は、マスクをしてまで散策する人はほとんどいなかったようです。

花粉症の季節です。今年もなんとか、その症状が出ないようでホッとしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2008

寺家ふるさと村/冷たい風

Data080224_3
MINOLTA DIMAGE A1

■土日と風の強い日となりました。花粉症の人には、またつらい季節が始まったようです。今日日曜日は冷たい風、体感温度は相当下がっているのではないでしょうか。朝一番は起きれず、夕方の「寺家ふるさと村」に“風”を求めて行ってきました。

雑木の笹が、風を受けて激しく動いていました。スローシャッター気味にその動きをとらえようと試みた一枚。もう少しシャッタースピードを遅く出来れば、もっとダイナミックな動きが表現できたかもしれません。

風は、なかなか思い通りには写ってくれません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 22, 2008

寺家ふるさと村/モザイク

Data080222
MINOLTA DIMAGE A1

■出張に行っていました。久しぶりの更新です。氷の張った田んぼを逆光から覗いたシーン。反射が美しく、鳥の形のようなシルエットパターンが、輝くモザイクの中に現れていました。

“究極なコントラスト”アンダーにして、シンプルかつキリッとした表現にしてみました。

のんびり眺めていられる時間が恋しくなってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2008

寺家ふるさと村/厚氷

Data080218
MINOLTA DIMAGE A1

■このところの冷え込みで、田んぼに現れた“流氷”のような厚い氷が出来ています。日影の場所では10日に降った雪がまだ残っています。雨でも降らない限り、当分解ける様子はなさそうです。

光を切り詰めて、立ち上がった氷と枯葉を力強く見えるよう表現してみました。

自然の造形にワクワクしてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2008

寺家ふるさと村/フリーズコート

Data080216
MINOLTA DIMAGE A1

■土曜日、今日の氷は久しぶりに締まっています。水たまりの枯葉が、厚みを感じる氷でカッチリと覆われていました。エッジがあいまいな油絵のようなタッチで、好みの質感が表現できました。

しばらくはこれで愉しめそうな予感です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2008

寺家ふるさと村/流れゆく空

Data080212
MINOLTA DIMAGE A1

■夜が明け始めたころ、鳥のような形をした2つの雲。のんびりと、流れゆく空をしばらく眺めていました。
朝から、穏かな陽気になる予感がします。ここまでつぼみだった谷間の梅林が、これで一気に開花してるかも知れません。

もう少しの間、“寒い”シーンを愉しみたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2008

寺家ふるさと村/日影の雪

Data080211
MINOLTA DIMAGE A1

■昨日の朝にかけて降った雪。二日目の今朝見に行った時の景色です。
雪は日向でも日影でもお構いなしに降ります。そのため、谷戸に出来る丘陵の影沿いには、まだしっかりとそれが残っていました。
日中穏かな陽気が続きましたが、ここの雪はしばらくは解けずに残りそうな予感です。

あっという間の3連休がまもなく終わります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 09, 2008

枝に積もる

Data080209
MINOLTA DIMAGE A1

■先週末の雪ですが・・・、今夜もまた大粒の雪が降り積もり始めています。路肩の雪も、まだ完全に消えない間にです。多いですね、今年は。
雪が乗った枝が造形的にきれいに感じ、出来るだけバランスよく切り取ってみました。

理由があって、今回(明日)だけは積もらないで欲しいと祈っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 07, 2008

混沌

Data080207
MINOLTA DIMAGE A1

■枯れ葉が大地に還ってゆく瞬間、冬のそんなシーンが気になって毎年に多様なカットを切り取ってしまいます。
水に溶け出し、どっちつかずの混沌とした状況を探して行き当たった中の一枚。

重厚な雰囲気で仕上げてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2008

都市と雪

Data080205
MINOLTA DIMAGE A1

■丘に上り、雑木の木立を背景に住宅街を入れて切り取って見ました。雪が降っていなければ、きっと通り過ぎてしまったシーンだったと思いますが。

俯瞰的な位置で、やや望遠側のズームの使用から距離感が圧縮され、雰囲気のあるカットになったと思っています。

カメラもびしょ濡れになりながらの撮影が報われたかも !?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2008

寺家ふるさと村/映し出された景色

Data080204
MINOLTA DIMAGE A1

■昨晩のベタ雪は、さらに夜中にもそこそこ降ったらしく、朝出勤の際には車をうっすらと覆っていました。今朝の凍結は予想以上にかなりなものとなり、カリカリとなった路面がスリップなど歩くだけでも注意が必要でした。

このカットは土曜日「寺家ふるさと村」で見つけたシーン。氷の割れ目から、丘の上にある木立を映し出していました。ややオーバー目にセットしたブルートーンの淡い色彩が、“静寂”な感じを引き立てていると感じています。

結構気にいっているシーンのひとつとなりました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2008

湿った雪が降る

Data080203
MINOLTA DIMAGE A1

■雪が降り続いています。これはチャンス!と、朝から歩ける範囲で撮影に出かけました。さすがに「寺家ふるさと村」までは行けませんでした・・・。

外に出てみると思った以上に湿った雪で、傘を差さないとビショビショになってしまう感じです。そのためか、雑木の枝にこんもりと積みあがって雰囲気は出ていました。
手持ちギリギリのスローシャッターで、降雪の雰囲気を表現してみました。

今日は写真展用のポジ整理でもしようかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 02, 2008

寺家ふるさと村/曇りの朝

Data080202
MINOLTA DIMAGE A1

■曇りの朝、こんな日は意外と寒さを感じないことが多い気がします。今朝もなんとなくそんな感じの静かな朝でした。田んぼの氷も緩んでいて、ところどころ水たまりとなっていました。私のようなネイチャーフォトの人には少し寂しい条件だったかもしれません。

それでも、久々に夜明けから「寺家ふるさと村」へ訪れることが出来、いっぱい深呼吸をしながら自然を満喫してきました。ここで“愉しめる”ということを、改めて感謝しながら。

尾根の雑木のシルエットを、イメージの彩で表現してみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »