« 青みのとき | Main | 霧に現れた一筋の光 »

Jan 10, 2008

尾根の雑木

Data080109
MINOLTA DIMAGE A1

■谷戸は朝夕の時間、尾根から日が差し込んでくることになります。特に冬のこの時期、ほとんどの時間そのような状況となります。このため、あちこちに光と影が出来、コントラストの強いシーンが出来上がります。

この時も、太陽の光で田んぼにくっきり樹形を映しこんでいました。写真は、通り過ぎてゆく雲と青空を多めに入れ、冬枯れの印象を強調しました。

正月休み明けの3日目、疲れが出始めました。

|

« 青みのとき | Main | 霧に現れた一筋の光 »

Comments

少し前のテレビでダイヤモンド富士を放送していました。その風景を連想してしまいました。漏れてくる光が凄く奇麗に見えますね。

Posted by: farfarsidek | Jan 10, 2008 11:53 AM

farfarsidekさん;冬枯れのころは、斜光の好条件の時間が多いことから、意外とモチーフ多くて愉しんでいます。“変わったもの”を撮っているのは、この辺りではどうやら私だけのようですが・・・。

Posted by: masaru aso | Jan 11, 2008 01:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 尾根の雑木:

« 青みのとき | Main | 霧に現れた一筋の光 »