« 水滴を着飾る | Main | 幻輝 »

Oct 24, 2007

朱の世界

Data071024
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■やはりアーカイブスから。曇りの日の朝方、しっとりとした休田地にあったくも巣。背景の朱色とのコントラストが美しいと感じ、形の良いところを確認しながら切り取っています。

フィルムでないとこの色は出ない、などとは思っていませんが、Carl Zeissの描写力は、私のイメージをより近い形で表現してくれます。やわらかなボケ味は、持ち味なのだと再認識させられます。

ちょっと過去をのぞいてみるのも、たまには悪くないかもしれません。


|

« 水滴を着飾る | Main | 幻輝 »

Comments

凄く素敵な光景ですね。こういうのを見つけるのも凄く凄いですね。素敵なphotoは、ある程度それなりの素敵な被写体に巡り合わなくては、なかなか撮る事が出来ませんが、これは正にアートですね。

Posted by: farfarsideK | Oct 24, 2007 at 12:25 PM

farfarsideKさん;自分の持ち味の原点を再認識しています。“抽象的な世界の中にリアルを見る”、そんなイメージをまた狙い始めると思います。

Posted by: masaru aso | Oct 24, 2007 at 11:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/16852670

Listed below are links to weblogs that reference 朱の世界:

« 水滴を着飾る | Main | 幻輝 »