« 枯れ草ゆれる | Main | 暖冬の景 »

Feb 08, 2007

もやを抜けてゆく

Data070208
MINOLTA DIMAGE A1

■もやが上がり始めた谷戸。こんな陽気のときは、昔ながらのあぜ道をのんびりと歩いてみたくなります。
寺家ふるさと村は、犬を連れた人やご年配の人々の散歩姿がとても画になるところです。

このシーンのようにのんびり行きたいですね。

|

« 枯れ草ゆれる | Main | 暖冬の景 »

Comments

 もちろん、行った事の無い場所なのですが、
何故か、懐かしく感じてしまう絵です。この様な場所が
永遠に残っていて欲しいですね。

Posted by: hassi | Feb 08, 2007 at 12:48 AM

こういう写真凄く好きです。人があるいてる道が凄く浮き立つ様な隆起して見えるような、立体感というか、遠近の圧縮効果のような、なんか独特な引き寄せられた様な構図。

Posted by: farfarsideK | Feb 08, 2007 at 04:07 PM

hassi さん;ご返事遅くなってしまいました。すいません。
何だか懐かしい光景ですよね。横浜市にこんな所があるのかと思うと、あらためて驚きです。

Posted by: masaru aso | Feb 10, 2007 at 12:24 AM

farfarsideK さん;ご返事遅くなってしまいました。すいません。
あぜ道のこの起伏は、人とを入れるとちょっと絵になりますよね。
せっかくの3連休。お疲れモードの明日はのんびりして、後残り2日は寺家ふるさと村で「じっくり熱中モード」の予定です。

Posted by: masaru aso | Feb 10, 2007 at 12:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/13829112

Listed below are links to weblogs that reference もやを抜けてゆく:

« 枯れ草ゆれる | Main | 暖冬の景 »