« 里山の朝 | Main | 枯れ草ゆれる »

Feb 06, 2007

竜頭の模様

Data070206
MINOLTA DIMAGE A1

■日曜日、温暖化の影響か朝の冷え込みも弱く、寺家ふるさと村らしくない不思議な陽気が続いています。
例年もっとも寒いと感じる時期は過ぎてしまったのですが、今期は田んぼの氷が一度もカッチリと凍りつきません。例年乗っても割れないくらい硬いのが出来るのですが。
それでも谷戸の奥の方ではいくらか凍っていて、竜頭模様の氷に出会いました。海老の頭ですか?

氷は自然のモニュメントなので、行く度にいつもポイントをチェックしています。もう少ししたらカチカチに凍ったの日がくるのでしょうか?
それともこのまま?春

|

« 里山の朝 | Main | 枯れ草ゆれる »

Comments

暖かいのはいい事なのでしょうか?この暖かさが、究極的には砂漠に繋がる事を考えると、なんだか嘆かわしい事のように思えてなりません。四季っていろいろと変化するから楽しくて素敵ですよね。冬は冬をしっかりと見て感じたいですね。

Posted by: farfarsideK | Feb 06, 2007 12:07 PM

farfarsideKさん;やっぱり冬は冬らしく寒くないと、と思います。それが人間のせいだとしたら尚更です。
ただ、自然のことですから年によって気候のばらつきもあり、それはそれとして今年の特徴として愉しんで行こうと思っています。
二度とないチャンスでもありますからね。

Posted by: masaru aso | Feb 07, 2007 01:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 竜頭の模様:

« 里山の朝 | Main | 枯れ草ゆれる »