« 輝きモニュメント | Main | 雲漂う小川 »

Jan 24, 2007

実像と虚像

Data070124
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■久しぶりのRTSⅢによるCarl Zeissの作品から。霜のついた部分に朝の低い光が差し込み、独特な色彩をつくり出しています。手前のボケが、ぼんやりとした虚像となりました。フォーカスのきている部分との対比をバランスよく配置してみたつもりです。

スキャンが一向にはかどりません。春~夏にかけての分は何とか取り込めたのですが、いよいよ秋~冬。スキャンで処理してさえおけばあとは何とか・・・、どうせ写真展は4月ですし( !?)

出来る時にやらなければだめですね、やっぱり・・・。

|

« 輝きモニュメント | Main | 雲漂う小川 »

Comments

スキャンたまると大変ですね。スキャン、機械が進歩して早くなったとはいえ、まだまだ字間のかかる作業ですからね。4月と思っていても、すぐに時期が来てしまいますよ。

Posted by: farfarsideK | Jan 25, 2007 at 03:51 PM

farfarsideKさん;やっぱりそう思いますよね!
毎日少しずつと思っているのですが…、それもなかなか難しいですね。
少しピッチ上げて…、明日から(!)再トライしてみます。

Posted by: masaru aso | Jan 26, 2007 at 12:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/13647194

Listed below are links to weblogs that reference 実像と虚像:

« 輝きモニュメント | Main | 雲漂う小川 »