« 鮮やかな彩り | Main | 里山の秋色 »

Dec 10, 2006

水辺のまぼろし

Data061210
MINOLTA DIMAGE A1

■土曜日の冷たい雨で落ちたのでしょうか、池に落葉がいっぱいたまっていました。木立のシルエットが際立つ部分を切り取り、幻想的なイメージを創ってみました。

こんなシーンに出会うと、寒い朝も忘れて集中できてしまいます。

|

« 鮮やかな彩り | Main | 里山の秋色 »

Comments

二つの像が重なったかのような、不思議な写真になっていますね。まるで多重露光の様な感じで見えてきますね。夏が終わった頃、秋になったら奇麗な紅葉を撮り、古立の中にあるベンチ風景なんかを撮りたいなーって思っていましたが、あっという間に秋が通り過ぎてしまいました。

Posted by: farfarsideK | Dec 11, 2006 at 04:10 PM

farfarsideK さん;予定通りに行かないのが自然ですよね。今年は週末雨や曇りばかりで、夏に「靄の立った朝日」というようなシチュエーションにはめぐり合えませんでした。おかげで曇りや雨のシーンは充実しましたが…。
物事、10年位のゆっくりサイクルで考えるべきなんですね、きっと。

Posted by: masaru aso | Dec 12, 2006 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/13019411

Listed below are links to weblogs that reference 水辺のまぼろし:

« 鮮やかな彩り | Main | 里山の秋色 »