« November 2006 | Main | January 2007 »

Dec 30, 2006

2006年の締めくくり

Data061230
MINOLTA DIMAGE A1

■あっという間の一年、あと一日を残すばかりとなりました。仕事納めのあとは、年賀状や買い物、大掃除などてんてこ舞い。今朝はちょっとだけ寺家ふるさと村へ撮影に出かけることが出来ました。

来年は、撮影スタイルでちょっと新しいことにチャレンジして見ようと思っています。
また、1月から恒例の“グループ綵”写真展が開催され、私は一番最後の4月開催の予定です。
お近くの方は是非ご覧いただければと思います。

来年が皆様にとって良い年となりますように。
新年にまたお会いしましょう。

Masaru Aso


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 28, 2006

枯れ葉舞い上がる

Data061228
MINOLTA DIMAGE A1

■忘年会が続き、更新も何とかこんな時間にと言う感じです。そろそろ肝臓お疲れモードです。休みに入って少し節制しよう!?と考えていますがどうなることやら。

前回の続き的カットとなりましたが、風で枯れ葉が舞い上がるシーンを狙っていました。それって、この時期の黄昏っぽい感じの一つと思いません?まあそこまでの感じは出せませんでしたが、枯れ葉が動き出す感じ位は、何とか表現できたのではないかと思っています。

あと一日で今年の会社終了。がんばってきます!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 26, 2006

落葉の絨毯

Data061226
MINOLTA DIMAGE A1

■落葉が層になり、フカフカして気持ちい頃。人がちょっとくらい掻き分けても土が出てこない感じです。少しアンダーにして、重厚な雰囲気をイメージして見ました。黄色いアクセントが、単調な中にリズムをつくってくれています。
霜も下りはじめました。いよいよ本格的な冬ですね。

暮れの準備に追われています。年賀状の準備など、もう終わっていますか?
(私はまだ・・・・、どうしよう !?)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 24, 2006

雑木の最後を飾る色彩

Data061224
MINOLTA DIMAGE A1

■よく晴れ渡ったイブの日曜日。雑木林で、すっかり枯れ落ちてしまったクヌギやナラの木の中に、一際異彩を放つ黄葉の木を見つけました。広角側で全体の雰囲気を入れながら、ダイナミックなイメージに切り取ってみました。

何だかイブとはまったく関係ない感じとなってしまいました(・・・)。
メリークリスマス!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 23, 2006

Carl Zeiss Week その4

Data061223
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■秋口にかけて見かけるこの小さな草。独特な紅色が、しっとりとした朝方に一際美しい彩を放っています。前後のバランスを見ながら、コミカルな動感を表現してみました。かわいらしく見えれば幸いですが。

木曜日、21日の晩は親友のGAKUHARI君と忘年会。話も弾み、ワイン片手に大変良い宴でした。このため、眠気から昨晩は更新せずに終わってしまいました。
いよいよく週末、クリスマスイブですね。

今週は天気良さそうです。いざ、寺家ふるさと村へ出動!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 21, 2006

Carl Zeiss Week その3

Data061221_1
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■どんよりした雲から、一気に青空が広がっていく瞬間。このような時間や天候、季節などで起こる「変り目」が大好きです。もちろん、自然フォトグラファーなら誰でもそうだとは思いますが。

やや放射状に光跡が出来ていたので、勢いを感じるカットに仕上げました。

あー、スキャン大変だ”!・・・、フィルムはこれが少し不便です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 20, 2006

Carl Zeiss Week その2

Data061220
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■ススキのやわらかい輝きを表現してみました。穂がまだ開いていない頃、11月初めくらいのシーンでしょうか。昨日久々にスキャンをしたのですが、リバーサルフィルム、結構侮れないって感じですね。

久しぶりに写友のTAKEDAさんと定例会兼忘年会をしてきました。デジ一へ早く来いと勧誘されっぱなしでした。なかなか踏み切れないまま、すでに一年以上経ってしまっています。

スポンサーいないかな、誰か?(他力本願はだめですね!)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Dec 19, 2006

Carl Zeiss Week その1

Data061219
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4 E100VS

■今週は、しばらく公開していなかったリバーサルからご紹介してみようと思います。というとなんだか計画的のようですが、実はパソコンにメモリーカードを置き忘れてしまったため、日曜日のデジタルでの撮影が出来なかったからなのです。(情けない!)

RTSⅢは、メインのカメラとして常に撮っていて、被写体によってデジタルと使い分けています。最近の傾向として、絵画的なイメージ作品をボケの美しいCarl Zeissで狙っています。

このカットは、青空と黄色く染まりかけた木の葉をミックスし、不思議な色彩を創りだしてみました。結構気に入っているカットの一つで、来年の写真展に出品しようかなとも考えています。

いかがですか?色彩のコクもやっぱりZeissと思いませんか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 15, 2006

光がまわる、弾ける

Data061215
MINOLTA DIMAGE A1

■雲が抜け、すっきりと晴天になった時のカット。秋の雑木に光がまわり、葉の一枚一枚を透過し始めました。久しぶりに撮影日と晴天のタイミングが合い、無我夢中で出来るだけいろいろなカットを切り取ろうと思っていました。
が実は、陽が出始めるまでに随分と時間があり、曇りの時間帯でデジカメ容量の大部分を使ってしまいました。このカットは、ぎりぎり残っていたメモリー容量で切り取ったもの。

広角で弾ける感じを出してみました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 13, 2006

あふれ出た光

Data061213
MINOLTA DIMAGE A1

■雲のすきまから太陽の光が現れ始めました。一瞬、ハート型のように見えたのでパターンとして切り取ってみましたが、そっちの方はちょっと説得力のない感じになってしまいました。このように、シルエット状でモノトーンな色彩となった空は大好きなモチーフの一つです。

この後、一気に雲がぬけ青空が広がることとなりました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 12, 2006

碧い落葉

Data061212
MINOLTA DIMAGE A1

■色が染まる前に落下してしまった木の葉。廻りの茶色くなった枯れ草とのコントラストから、ひと際異彩を放っているこの葉を、初々しく、またやさしい感じに切り取ってみました。
この時期の雨上がりの朝は、しっとりとしていて落葉写真の見栄えがします。大好きなモチーフの一つです。

時間を忘れのんびり愉しんでいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 11, 2006

里山の秋色

Data061211
MINOLTA DIMAGE A1

■「寺家ふるさと村」で、“里山”らしい丘陵の雑木林を切り取ってみました。種類の違う樹が混じり合い、微妙で多彩な紅葉が何ともいえず好きです。田舎の雰囲気が残る、ここでのとても大切にしたい景観の一つです。

雨上がりのしっとり感が、落ち着いた樹木の空気感をつくり出してくれました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 10, 2006

水辺のまぼろし

Data061210
MINOLTA DIMAGE A1

■土曜日の冷たい雨で落ちたのでしょうか、池に落葉がいっぱいたまっていました。木立のシルエットが際立つ部分を切り取り、幻想的なイメージを創ってみました。

こんなシーンに出会うと、寒い朝も忘れて集中できてしまいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 08, 2006

鮮やかな彩り

Data061208
MINOLTA DIMAGE A1

■ナラの葉の鮮やかな部分を切り取ってみました。もう少しオレンジがかってくると思うのですが、年によっては天候の影響で週末を待たずに落ちてしまうことも・・・。今週は冷え込みが厳しい日が多く、明日から週末にかけて、また天気が悪くなりそうですね。

本当に散っちゃいそうです、きれいに染まる前に!

※ココログ、これだけ時間かけて改善出来なかったようです。無理しすぎなのでは?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 04, 2006

雑木林を見上げると

Data061204
MINOLTA DIMAGE A1

■「寺家ふるさと村」のナラやクヌギが中心の雑木林では、いよいよこれから秋本番と言った感じです。樹形と共に色づいた葉を狙いに、尾根伝いの散策路に入ってみました。

この変化しかけた時期を逃すと、あっという間に落葉して冬になってしまう場合があるので、後悔しないように現状の色彩を十分愉しんできました。

このカットは、ほぼ真上を見上げるようにして切り取ったもの。躍動感ある幹の部分を多く取り込み、力強いイメージに仕上げてみました。

久しぶりに森で見上げた瞬間です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 03, 2006

シャカシャカの森

Data061203
MINOLTA DIMAGE A1

■散策路に落ち葉がいっぱい敷き詰められていました。シャカシャカ音を立てて歩くと気持ち良いですよね。昆虫くらいの目線で、このボリューム感を表現してみました。
「寺家ふるさと村」紅葉の最後を飾る雑木、ナラやクヌギたちが染まってきました。

里山は艶やかなシーズンを迎えています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 02, 2006

印象の世界

Data061202
MINOLTA DIMAGE A1

■こんなイメージの世界が大好きです。自然色に染まった黄色が何ともいえません。

今日は穏かな日和になりそうですね。撮影に行けないのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2006

もみじ躍りだす!

Data061201
MINOLTA DIMAGE A1

■広角側を利用して、パースペクティブを強調し動き出すかのような勢いをつけて見ました。このカットでは背景が写りこんでいるので、どんなところに生えているか周辺環境がお分かりになると思います。写真であらためて見ると、とんでもなくすごい田舎に見えてきます。
「寺家ふるさと村」は、すぐ“その気”にさせてしまう本当に不思議なところです。

すっかり朱の彩を堪能しています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »