« 鮮やかな旬の瞬間 | Main | 黄際立つ »

Nov 23, 2006

光りにとけ込む秋

Data061123_1
MINOLTA DIMAGE A1

■デジカメのハイキー表現、意外と気に入っています。パーッと白飛びしながら、全体として飛び過ぎず色彩を残してくれるからです。このカットは、やや朱に染まりかけた葉の部分と白い空との対比が美しく、印象のままイメージ表現したものです。

アンダー気味の、主題を強調した作品も大好きで撮りますが、このように飛ばし気味の表現は、イメージだけのアートっぽい世界が創れるので好きです。

両極端を好むことから、撮影に朝を選んでいるのかもしれません。


|

« 鮮やかな旬の瞬間 | Main | 黄際立つ »

Comments

ここ何日か、デジ一眼を使っています。特別撮るモノはなくて、家の近くのお寺の銀杏を見に行って数枚撮ってきました。また子供を撮っています。digitalでは、逆光気味の白さ加減を調節しながら雰囲気ある写真を作りやすいですね。filmが好きでfilmで撮る事が最近多いですが、digitalのこういう作品作りが容易な所も結構好きです。どうも、僕は八方美人の傾向があります(^^ゞ

Posted by: farfarsideK | Nov 25, 2006 at 02:29 PM

farfarsideKさん;カメラは道具ですから、好きなときに好きなものを使えばいいのではないかと私は思っています。どちらにも向き不向きがあるように感じます。デジ一がやっぱり良いと思いますが、私の使っているA1の方がよく撮れる被写体もあります。
作品用にはRTSⅢでカッチリと…、いろいろ楽しめて良いですよね。

Posted by: masaru aso | Nov 27, 2006 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/12798204

Listed below are links to weblogs that reference 光りにとけ込む秋:

« 鮮やかな旬の瞬間 | Main | 黄際立つ »