« 光彩を放つ! | Main | イメージ化した秋 »

Nov 19, 2006

雨降りの予感

Data061119
MINOLTA DIMAGE A1

■今朝、日曜日の夜明けはどんよりと薄暗い曇り空からスタートしました。やや気分が乗らない気持ちを切り替えて、しっとりとした色彩を探しに寺家ふるさと村へと向かいました。実はこんな日ほど収穫が多いもので、今日もいくつかのおもしろい出会いがありました。

体に感じない程度にポツリポツリと来始めたころ、うるし系の濃い朱の葉を切り取っていました。木の葉をよく見てみると微かに雨のしずくが・・・、降ってきた事を視覚で気づきました。

午後からのどしゃ降りを予感させる、雨降りの兆しを見つけた朝のシーンでした。

|

« 光彩を放つ! | Main | イメージ化した秋 »

Comments

葉っぱにいろいろと付いたモノがまるでシミのように、なんだかしみじみ味わい深いモノに見えてきます。雨の降り始めの写真っていうのもいいですね。あの、あっ降ってきたっていう情景、上手く撮りたいとよく思うのですが、難しいですね。それと雨が降ってる光景で雨の線を出したのだけれど、なかなか上手くいきません。

Posted by: farfarsideK | Nov 20, 2006 at 01:09 PM

farfarsideKさん;[季節の変わり目=変化] が好きで、上手く表現出来たらといつも思っています。が、なかなか思うように上手く作品が出来上がってきません。
やはり、変化の瞬間を切り取るのにはデジカメが一番だと思います。カット数がいっぱい切れるし、いろいろチャレンジして即確認出来ますよね。

この頃は[静物に宿る躍動感の表現]、こんなシチュエーションにはCarl Zeissを使ったリバーサル撮影を活用しています。

Posted by: masaru aso | Nov 20, 2006 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/12750386

Listed below are links to weblogs that reference 雨降りの予感:

« 光彩を放つ! | Main | イメージ化した秋 »