« September 2006 | Main | November 2006 »

Oct 30, 2006

こげ茶色のウォール

Data061030
MINOLTA DIMAGE A1

■干された稲もいよいよ収穫間近。稲穂がこげ茶色の落ち着いた色彩になってきました。靄のかかった小雨交じりの日曜日の朝、犬の散歩に来られた方々を点景にして、その場の臨場感を表現してみました。

"靄の後は晴れる!″案の定、昼前後から晴れてきました。

週末晴天のタイミングが合いません。もう少し朝早くお日様が出ていれば!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 29, 2006

雨交じりの秋の色

Data061029
MINOLTA DIMAGE A1

■今朝の寺家ふるさと村は小雨舞うしっとりとした陽気。秋の色彩を表現するのにはもってこいのシチュエーションです。ぽつぽつと緑から朱や黄が入り混じる今の状況は、息を呑んでしまうくらい好みの色です。

のんびりと落ち着いた気分で、この環境のなかを愉しんできました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 26, 2006

3対2のフレーミング

Data061026
MINOLTA DIMAGE A1

■A1で残念に思うことの一つに、3対2の初期設定が出来ないことがあります。最近のコンデジは、大抵ついているのですが。たまには4対3がおもしろいと感じる被写体もありますが、今日のようなカットは、絶対スリムなフレームの方が緊張感が出ると思います。今回は上下を3対2になるようにトリミングしてみました。後からカットするというのは、本来性に合わないやり方ですが・・・。

よく見るとバッタの手前の目にフォーカスが合っていません。(いわゆる後ピン!)書いていてだんだん恥ずかしい気がしてきましたが、このカット、何だか躍動感だけはあると思いませんか?

やはり優れた画格ですね、3対2!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 25, 2006

ナチュラルカラー

Data061025
MINOLTA DIMAGE A1

■きれいに染まった赤や黄色も良いですが、このようにムラのある色彩の方が自然を感じ、私は魅かれてしまいます。日差しや風などいろいろな要素が重なって、この世に一つしかいない色彩をつくり出したかと思うと、何だか感慨深いものがあります。
「寺家ふるさと村」は、オールシーズンこんな世界で溢れています。

繊細なものを繊細に感じ取る、そんなことをしてのんびり愉しんでいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 24, 2006

秋の花園

Data061024
MINOLTA DIMAGE A1

■DIMAGE A1が最も特意とするモチーフ。 中央の花にフォーカスを持ってきて、飛んでくる蜂のバランスを見ながら配置しました。このカメラ、実に簡単でいいですね。たくさん撮って後でチョイス出来るのもデジタルならではの魅力もありますし。
冬眠(?)のため蜜を吸い溜めするのでしょうか?精力的に花の周りを飛び回り、カメラなんか全然気にしていないようでした。おかげで、飛び回る蜂のシーンを何カットかゲットしました。

秋らしくはないですね、今日のシーンは。(今週末起きた秋の出来事なのですが・・・。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 23, 2006

鮮やかな色彩につつまれる

Data061023
MINOLTA DIMAGE A1

■気づかないうちに雑草たちは色づき始め、鮮やかさを一層深めています。もっと冷え込んでくると、さらに朱の世界へ、期待が膨らんできます。

濃い紅色のこの草、昔秋遠足やハイキングのとき毛糸の洋服にまとわりついて取れない、あの棒状のチクチクへまもなく変身します。毎年この時期、濃厚な色彩に魅かれ曇りの日や夜明け前などにこの草をモチーフとしています。

今日のカット、アングルはちょっと単調な気がしていますが、色彩を強調するにはこれで良かったかも?


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 22, 2006

秋の色彩をさがして

Data061022_1
MINOLTA DIMAGE A1

■寺家ふるさと村の稲刈りは全て終わり、いよいよ本格的な秋のシーズンを迎えようとしています。撮影のモチーフもそろそろ秋の色彩へシフトです。幸い、今日日曜日の朝は花曇、じっくりと色をさがしてきました。

谷戸最深部のドン着きの所に、毎年気になる色になる樹があり、今日は変わり始めたその葉の彩をご紹介します。私は、移り変わりのあいまいな色彩のものが好きで、このようなシーンがたまらなく魅力的に感じてしまいます。いかがですか?

今週はそんな始まりかけの「秋彩」をご紹介していきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 21, 2006

田園ライフを愉しむ

Data061021
MINOLTA DIMAGE A1

■こんな光景はまさに「寺家ふるさと村」らしいな、と勝手にイメージしています。都市の中に突如現れたサンクチュアリ、のんびり思い思いの愉しみ方で一日を過ごす。そんな感じの光景で、何だかとてもいい雰囲気です。

この一週間は穏かな日が続き、徐々に秋らしくなってきている感じ。「寺家ふるさと村」は一週間で随分景色が変わっているのでしょう。桜や梅の葉は随分色づいてきているようですしね、ススキもそろそろ・・・・。

何だかうれしくなってきました。(結局一年中うれしいのですが!)


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 19, 2006

ソフト・インパクト!

Data061019_1
MINOLTA DIMAGE A1

■久しぶりに空のカットで。うろこ雲の中に毛色の違う雲が、やわらかい色彩にもかかわらず、強烈な印象を私に与えてくれました。適当に雲のある、このようなタイミングに、このところなかなか出会えませんでした。

午後の撮影も悪くないですね。たまには来なくちゃ!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 18, 2006

三角刈り !?

Data061018
MINOLTA DIMAGE A1

■谷戸の地形を生かしながら田んぼが造られているため、機械で刈り取った半端の部分が、三角形で残されていました。ちょっとモニュメンタルな感じがして切り取った一枚です。

すぐ左隣では、刈り取ったばかりの稲穂を干す作業が続けられていました。おもしろい三角形の形状も、もうじき刈り取られてしまうでしょう。

残念ですが・・・・、またおもしろいモチーフ見つけようっと !

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 17, 2006

重なり合ってモニュメント

Data061017
MINOLTA DIMAGE A1

■柔らかに階段状となっている「寺家ふるさと村」の谷戸最深部。稲穂が黄緑色でまだ残っているところ、刈り取って干されているところ、そして脱穀も終了してワラだけのところと、収穫の順番に違いが出来ています。

稲穂の目線になって、望遠レンズでその全ての要素を圧縮して切り取ってみました。ちょっとしたモニュメントになったと思っているのですがいかがですか?

朝だと太陽の方角は逆ですので、この方角にレンズを向けることはあまりありませんが、午後はきれいな斜光が差し込んでいました。

秋は、日中でも光の角度がつき、谷に影も出来るので結構愉しいですね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 16, 2006

穏かな昼下がり

Data061016
MINOLTA DIMAGE A1

■日曜日、久しぶりに昼過ぎの寺家ふるさと村へ。穏かな日差しの中で、多くの人が散策やハイキングに訪れていました。稲刈りも終盤、僅かな所を残すのみとなりました。

実際のところ、寝坊して午後にしか行くことが出来なかったのですが、陽の角度も違い、何だか別の場所に来ているようで、ちょっと新鮮な気分でした。ほのぼのした雰囲気のお二人を、景色の中にとけ込ませて切り取ってみました。

今週はこの中からいくつかご紹介しようと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 13, 2006

メイキング写真!

Data061014
MINOLTA DIMAGE A1

■こんな景色を眺めながら撮っています、という感じで。最近のスタイルとして、CONTAX RTSⅢでじっくりとファインダーを眺めながらイメージを追い、その合間や待ちのタイミングでA1を使うことが多いです。また、Zeissで見つけたシーンをブログ発表のために同じアングルで撮るなんて事もあります。
お互いの役割分担が出来、バランスよく使うことが出来ているかなと思っています。

今週はあっという間に週末に。どんな出会いがあるやら・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

光と影のエッジ

Data061013
MINOLTA DIMAGE A1

■陰影との境目は、私にとって魅力的に感じるシーンの一つです。写真とは元来「光と影」ですから、当然といえば当然ではありますが・・・。この日は、低い日差しからとてもきれいな山陰が出来たので、S字に曲がった部分を強調してエッジの部分をバランスよく切り取ってみました。

稲穂の鮮やかな色合いが、黒く落とし気味にした影を引き立ててくれました。

ご覧頂いた方、右上の「人気blogランキング」是非クリックしてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 11, 2006

ほのぼの散歩

Data061011
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80‐200mmF4

■昨年、今くらいの時期に撮影したシーンから。ツァイスの威力を特に感じるカットではありませんが、登場いただいたお二人の何ともいえないほのぼのした雰囲気が、この時期の無条件な快適さを物語っています。ホント、良い季節になりました。

ブログの写真、最近ややマンネリ化しているのでは?という指摘を〝最愛の評論家"から受け、今後の展開に少し戸惑っています。シーズンや年間を通してモチーフの変化は付けているのですが、ブログは毎日のことですから・・・・。やはり私の撮影スタイルでは難しそうです。

気張らずマイペースで行こうと思っています。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 10, 2006

残像効果?

Data061010
MINOLTA DIMAGE A1

■クモの糸が、稲穂が動いたときに出来る残像のように写りました。背景はまだ日陰というスポット光のシテュエーションで、糸がキラキラと反射して輝いていました。とても魅かれるモチーフでした。
相変わらず癖のある水滴ボケ(スタンブボケ)は、すでにこのカメラのチャームポイントとでもいいましょうか!?

稲穂状態はきっと最終週ですので、いろいろ登場させましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 09, 2006

低い光が田んぼに注ぐ

Data061009
MINOLTA DIMAGE A1

■体育の日の今朝、寺家ふるさと村の朝です。夜明けは遅くなり、低い光が細長い谷戸に影を創ります。陰影を強調して、見たままのイメージを強調してみました。
先週は雨がちな天候が続いたこともあり、最深部の稲刈りは見送られたようですが、今朝からいよいよ始められたみたいです。新しい景観がまた楽しみです。

土日は恒例の息子のサッカー観戦。親バカサポーターとなり、晴天のグラウンド廻りを駆け巡っていました。お陰で、唇が乾燥するわ、日に焼けてしまうわで・・・・・、自業自得ですね。

良い天気が続きそうで、明るい気分で今週を迎えたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 05, 2006

あぜ道に目をやると・・・、

Data061006
MINOLTA DIMAGE A1

■稲穂の粒を切り取った次の瞬間、ふと足元に目をやるとこんなシーンが浮かび上がりました。なんでもない草ですが、朝露を受けてフォトジェニックなモチーフに変わっていました。
直感的にいいなと感じた、何気ないそのひらめきを何より大切にしています。

これが"感性”と信じているからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 04, 2006

潤いとともに

Data061004
MINOLTA DIMAGE A1

■お米の部分をアップで。朝露とともに潤いを表現してみました。相変わらずA1の望遠マクロは、手持ちでキリッと安定した画像をつくってくれます。ディテイルの表現にはもってこいですね。

朝露つながりで次回はUP予定です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 03, 2006

収穫準備完了!

Data061003
MINOLTA DIMAGE A1

■稲穂を近くで見てみると、もうすっかり準備が整っているようです。考えてみれば10月だったんですよね、すでに。日照り不足なのではと思いますが(週末悪いだけかも?)、台風接近などはここまで無く、比較的穏かな年だったのですかね。

美味しい収穫になるといいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 02, 2006

寺家ふるさと村:谷戸最深部

Data061002
MINOLTA DIMAGE A1

■この辺りが寺家ふるさと村の田んぼ最上流地点です。まだ収穫前に間に合いました。広角で覗くと、細長い谷が蛇行して続いていることが良く分かります。きれいな黄色に染まっていましたので、この辺りも間もなく刈り取りが始まることでしょう。

なぜだか稲穂が黄色い大河か海のように見えてきます。


ご覧頂いた方、右上の「人気blogランキング」是非クリックしてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 01, 2006

景観を変えた稲刈

Data061001
MINOLTA DIMAGE A1

■今週、寺家ふるさと村では私が春から追っかけてきたポイントでの稲刈りが終了していました。
日曜の朝は雨模様で、少々期待外れでしたが曇り空にしか出来ない色彩を意識してトライして見ました。


今日のカットは、週はじめ(月はじめ)にお知らせしておきたい報告写真です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »