« 光と影だけにしてみる | Main | カールツァイスの力を借りて »

Feb 01, 2006

虫たちは何を見ているのだろう

デジカメの液晶画面の跳ね上がりを利用して

地面すれすれローアングルマクロ撮影を試みています。

気分は6×6で、枯葉にスレスレまで寄り、虫たちが見る景色を想像してみました。

data0131pg

※トピックス ; 東京、横浜は今日は雨降り。私は毎日、会社帰りに数駅前で電車を降り、約50分のジョギングをして帰る習慣になっているのですが、今日は歩くか歩くまいかと、電車の中でずーとソワソワしていました。傘をさしている人を車窓から探したり、街灯を見たりしていましたが、夜なのではっきり分かりません。結局、小降りということもあり歩くことに決めました。(成功でした!)

元々、「ネイチャーフォトグラファーは足が命」と鍛錬の目的で歩き始めたのですが、何年も続けて行く内に"快感"となっていて、もう歩かないといられない、という位になってしまいました。きっと、歩くにふさわしい良い環境があること、色々構想を練ったりする考える時間が創れること、などが快感の原因です。何より帰ってからの食事の美味しいこと!

年々歩く距離がエスカレートすること、美味しすぎてあるものすべて食べ尽くしてしまうという、いくつかの問題点もありますが・・・・・。

|

« 光と影だけにしてみる | Main | カールツァイスの力を借りて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 虫たちは何を見ているのだろう:

« 光と影だけにしてみる | Main | カールツァイスの力を借りて »