« どしゃ降りの中で一人たたずむ | Main | やわらかいラインを切り取る »

Feb 28, 2006

雨宿りのカラスたち

どしゃ降りの中

カラスはさすがに飛び回らない

集まって幹に止まり雨の通り過ぎるのを待つ

data060227

≫私のように望遠域200mm程度の人間は、鳥を狙うのはめずらしいのですが、このように複数いる場合や、余程条件のあったときなどたまに撮ることがあります。まあ、実際は鳥を撮っているというより、風景の中の一部として鳥がいる、という感じなんですけど。

カラスはシルエットとして撮ると、なかなか絵になる被写体だと思っています。物寂しい感じ、オドロオドロしい感じ(!)を表現するにはもってこいじゃないでしょうか?(本当は一番身近で、撮りやすいことが理由なんだと思います。)

現在、四季の家で行われているグループ綵写真展で展示の御三方、(OHASHIさん、TAKADAさん、NONAKAさん、名前出しちゃってます!)は、カラスなど撮影されたりしますか? きれいな鳥ではないから、あんまりないのでしょうね。

このところ、暗い写真が多くなっちゃいます!そろそろ天気が恋しい感じです。

|

« どしゃ降りの中で一人たたずむ | Main | やわらかいラインを切り取る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/8869935

Listed below are links to weblogs that reference 雨宿りのカラスたち:

« どしゃ降りの中で一人たたずむ | Main | やわらかいラインを切り取る »