« モノクロを見ながら撮る | Main | Carl Zeiss で見た世界 »

Feb 20, 2006

立ち枯れの雰囲気を出してみる

冬の趣を感じる季節

立ち枯れの木々が重なり合うポイント

モノクロでファインダーをのぞきその印象だけを感じる

data060220

※デジカメの「モノクロモード」は、使ってみておもしろい機能であると感じました。撮る時点で、ファインダーをのぞくとすでにモノクロ画像がそこにある。一昔前までは絶対考えられないことでした。

モノクロのイメージを、視覚で感じながら撮る。デジタルの新しい可能性にまた気付いてしまいました。各々機種によって特徴があり、デジ一などと複数使い分けなければならないんでしょうか?

悩みはまだ当分続きそうです。

|

« モノクロを見ながら撮る | Main | Carl Zeiss で見た世界 »

Comments

デジタルのモノクロ、面白いでしょ!モノクロフイルムとは違った感覚だよね。一眼デジでは無理だけど一体型のいいところだよね。悩んでないで早くおいで(笑)

Posted by: itamura | Feb 21, 2006 at 11:39 PM

itamuraさん;大いに悩みます。"先立つものがない″ということが最大の障害ですからことは重大です。
どっかに金のなる木ないかな?

Posted by: masaru aso | Feb 22, 2006 at 01:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/8761086

Listed below are links to weblogs that reference 立ち枯れの雰囲気を出してみる:

« モノクロを見ながら撮る | Main | Carl Zeiss で見た世界 »