« 孤高の樹に出会う | Main | どしゃ降りの中で一人たたずむ »

Feb 25, 2006

昼下がりの寺家ふるさと村を訪れる

午後の寺家ふるさと村に来てみる

薄日差す穏やかな陽気だが人の出は少ない

逆光を撮れる絶好のコンディションに丘上の樹形を重ねる

data060225_2

>今日は午前中から家で写真展の準備。フィルムをせっせとスキャンして、昨秋あたりの勝負カットデータを取り込むことが出来ました。いよいよ明日にでも出力し始めようと思います。改めて見直すと、結構いろんなものを撮っていたんだとびっくりします。

天気予報を見ると、明日日曜日はどうも曇りもしくは雨になるとのこと。今朝の日和を考えやや後悔しながら、陽気の良い時にちょっと覗いてみたくなり、あまり行くことのない午後の寺家ふるさと村へ出かけてみました。

やや風があるものの、陽気は穏やかでいよいよ春が近いんだなと感じました。遅れていた梅もやっと開花し始めました。その割に人の出が悪いのは、きっと花粉症の人が多くなったからではないでしょうか?

グループ綵写真展は、野鳥組の展示は2週目に入りました。出品されているOさん、Taさん、Noさん、順調ですか?(なんか頭文字だけではよく分からないので、次回から苗字、アルファベットで表記して良いですか?)午後行った時、Oさんの車が止まっていました。きっとふくろうとかに会いに、朝からずーっと山に入っているのでしょう。(スゴイ!)

明日は雨でも、朝から出かけてみよー!

|

« 孤高の樹に出会う | Main | どしゃ降りの中で一人たたずむ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/8830812

Listed below are links to weblogs that reference 昼下がりの寺家ふるさと村を訪れる:

« 孤高の樹に出会う | Main | どしゃ降りの中で一人たたずむ »