« 里山は大暴れする | Main | 煙のような白を装う »

Jan 19, 2006

カールツァイスが光の実を浮かび上がらせる

カールツァイスで見たボケは

私がイメージするカメラアイには欠かせない

モアレ化した水滴が光の実となって浮かび上がってくるよう

data0119pg

|

« 里山は大暴れする | Main | 煙のような白を装う »

Comments

こんばんは、
お邪魔します。
すみです。

毎日更新していて、偉いですね〜。
継続は力也。ですね
写真もきれいです。
私のブログでも、紹介させていただきましたよ。

私の方は、文章ばっかりで色気がないんだけど。
言いたいこと言ってます。

Posted by: すみ | Jan 19, 2006 at 01:29 AM

すみさん;コメントありがとうございます。また紹介もしていただき重ねてお礼を申し上げます。
スミさんは文章もしっかりしていてうらやましいです。
もう少し俗っぽいことや、カメラ機材のことなど触れてみたいと思っているのですが、実際、その辺の知識あまり詳しくないですし、「感覚」で撮っている部分が強く、どうしてもその想いの方を伝えたく、こんな形でやっている状況なんです。すっかり「キャラリー」化していまい、ブログの意味がないのでは、とも感じています。
ただ、自分の作品を社会に発信出来ている意義は感じています。
たまに来てひやかして行ってください!

Posted by: masaru aso | Jan 19, 2006 at 09:52 AM

こんにちは、あそうさん
俗っぽい、素の部分はあそうさんの魅力ですよ。
それにしても、東京近郊にこんな場所があるのが不思議で、素晴らしい「事実」であることに驚かされます。

また、一緒に出張に行ったときに、早朝にカメラを持って出かけていった、あのようなコト(行動)が、ここで紹介されている写真に結実してるんですねぇ。

Posted by: すみ | Jan 20, 2006 at 12:33 PM

すみさん;ここ、「寺家ふるさと村」はすごい所です。近くに住めることを心から感謝しています。

あ、それ京都だ!そんなことがありましたね。客観的に見れば、あんなことするやつ大馬鹿者だね! ただ、今でも同じ状況であれば、きっと同じことしちゃうとおもいますが・・・。出会いは一期一会ですから。
いろいろな人に、もちろん写真を専門的にやっていない人からでも写真の感想を聞いてみたいな。どんどんコメント書いてもらえるといいんだけど。人気ないのかな?

Posted by: masaru aso | Jan 20, 2006 at 05:28 PM

あそちゃん、今晩は。
「寺家ふるさと村」と言うんですね。
…神奈川県、「寺家ふるさと村」で検索してみました。
おぉっ。
地図見ただけで解る典型的な里山ですな。
良さそうな処ですね

…懐かしいでしょ?京都。

板さんが、会社の何人かに、あそちゃんのブログと、
私のブログのアドレスを伝えた。
と言っていたので、きっと覗いていると思うんだけどね~。
なんか、ブログのコメントって、
自分でもブログ持っていないと、
書き込みにくい雰囲気ってあるんですかね?

では、また寄らせていただきます。

Posted by: すみ | Jan 25, 2006 at 10:49 PM

すみさん;ブログやっていない人たちは、きっとシステムが分からないんでしょうね。コメントって何をするものなんだろ・・・とかね。(そういう私も、トラックバックってよく理解していませんが・・・。)
まあ、僕の場合はともかくいろんな人に見てもらって、思ったこと言ってもらえればと思ってます。
ところで、すみさん、がんばって書いていますね。読んでいますよ。そんなにいっぱい書いてバテませんか?
割り込めそうな時にまたコメントさせてもらいます。内容が高尚(!)過ぎて、変なこと言ったら笑われそうです。

Posted by: masaru aso | Jan 25, 2006 at 11:54 PM

あそちゃん、こんばんは。

ブログに書き込むと、そのお返事で
「こちらにコメントくださってるすみさんとは別人のような語り口」などと、言われてしまいます。

硬すぎるかな?

最近気が付いたのですが、ブログって専門的なことで繫がってることが多いので、
カテゴリ外の人からすると分かりにくいことが多いですね~。
折角、色んな方が見てくれるチャンスなのだから、
解りやすさについて、もう少し考えないといけないのかもしれませんね。
と反省してます。

Posted by: すみ | Jan 26, 2006 at 09:44 PM

すみさん;君んちのはいい感じになってきてるんじゃないですか。僕はそう思いますが。
専門的なこと(好きなこと)を徹底的に書けばよいと思います。それがブログだと思いますが。
少し刺激を受けたので、私はブログの展開変えてゆくつもりです。「専門」の部分に少し迫ってみようと思います。

Posted by: masaru aso | Jan 27, 2006 at 12:55 AM

あそちゃん、こんばんは。

いい感じですか。有難うございます。

ブログも、どんどん変わっていって良いのですね。
ところで、、「寺家ふるさと村」の雪も、なかなか溶けませんが、
北海道のHASSIさんのブログで書かれていた、マイナス30度という世界は、ちょっと想像できないですね。

こうして、あそちゃんのところから、また違う世界が覗けるのも、楽しいです。

とにかく、今年の冬は寒い!!

Posted by: すみ | Jan 27, 2006 at 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/8226541

Listed below are links to weblogs that reference カールツァイスが光の実を浮かび上がらせる:

« 里山は大暴れする | Main | 煙のような白を装う »