« 光の流れを切りとる | Main | 憩いのひと時を撮る »

Jun 12, 2005

霜の頃の愉しみ

風のない寒い朝、「寺家ふるさと村」では霜が降りる。これも谷戸の特性なのだが、一種の霧氷を作り出す。草丈位霜に覆われることは結構よくある。このような冷たい季節ほど、躍動感を発しているものが多い。この雑草は、すでに生きていないのかもしれないが、生のエナジーを感じ思わずシャッターを押したもの。今朝は風邪気味で朝起きることが出来なかった。良い感じの朝のようで、実に残念であった

data1

|

« 光の流れを切りとる | Main | 憩いのひと時を撮る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/4524025

Listed below are links to weblogs that reference 霜の頃の愉しみ:

« 光の流れを切りとる | Main | 憩いのひと時を撮る »