« 霜の頃の愉しみ | Main | 光をいっぱいうけて »

Jun 13, 2005

憩いのひと時を撮る

ここ「寺家ふるさと村」は、実に早起きの方々が多い。よほど曇りとか、雨のときでもなければ、まず一番乗りということはありえない。見ず知らずの人同士でも、ハイキングの時と同じように気軽に挨拶し合う。みんな朝の気持ちよさを知っているのだろう。ちょっと離れて構え、“ここの空気に包まれている”というイメージで撮っている。時間がゆっくり流れているひと時である。

data1

|

« 霜の頃の愉しみ | Main | 光をいっぱいうけて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105509/4544145

Listed below are links to weblogs that reference 憩いのひと時を撮る:

« 霜の頃の愉しみ | Main | 光をいっぱいうけて »