« May 2005 | Main | July 2005 »

Jun 30, 2005

夏の空を切り取る

夜明け寸前の空は

真夏でもすっきりして見えることがある

一瞬だけの冷気を感じながら、さあ今日もスタート

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 29, 2005

躍動感を演出する

生き物が発する躍動感は重要なモチーフ

感じたシーンに出会い、ファインダーをのぞいてみた

レンズ効果がからみ合い、より力強い成長感となって表現できた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 28, 2005

新緑の淡い色を愉しむ

里山の新緑では最後の方となる

楢やクヌギが中心の雑木林が芽吹き始める

淡い緑が大好きで、この時期の撮影はいつも心弾ませている

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 27, 2005

田んぼの輝く季節を愉しむ

けだるくなるような暑い朝

思い切って早起きし、田んぼに出かけてみた

輝く田んぼの、素敵なシーンがそこに広がっていた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2005

落ち葉の世界

冬の田んぼに水溜りが出来る

落ち葉が幾重にもつかり層となって行く

土へと還る寸前に、優雅な表情を見せてくれた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2005

潤いのあるとき

草紅葉の頃

谷戸の特性から、しっかりと水分を含んでいる

素敵に染まったシーンを、丁寧に切り取り、愉しんだ

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2005

光の軌跡を追いかける

水田に反射した光の粒

まるで流れるような軌跡を描いていた

静かな、心落ち着くそのシーンをのんびりと眺めていた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 23, 2005

秋色の小景を愉しむ

秋色の変化は、つたや草から始まる

鮮やかな朱や黄が混じり合い、「寺家ふるさと村」の色となる

光彩のシャワーを浴びた、趣深いシーンにしばし酔いしれることとなった

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2005

吹き抜ける風を撮る

稲穂がそよぐ季節

吹き抜ける風の流れを眺めていた

さわやかな気分を感じさせてくれた朝のひと時

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 20, 2005

大きく深呼吸

朝もやの影響か、やわらかい太陽がのぼっている

散歩途中のひと時、穏やかな時間が流れる

さあ、大きく深呼吸してリフレッシュ、今日もまたスタートだ

data1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 19, 2005

空の変化を愉しむ

少し寒くなった頃の空は美しい

澄み切ってクリアということもあるのだが、それだけではない

雲が、劇的な変化を予感させてくれる実に魅力的な瞬間(とき)なのである

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 18, 2005

輝く宝石たち

朝露がしっかりたまった朝

光を通してみてみると、そこは輝く宝石の世界

美しいシーンを愉しんで、しばらくそこにたたずんでいた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 16, 2005

気迫を感じて撮る

稲刈りも終わり、急に気温が下がってきた朝

谷戸に低い光がさし込んで来た

まるで、闘牛のように気迫を発するシーンができた

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2005

光をいっぱいうけて

目いっぱいの光と、潤いのある田んぼがコラボすると

眩しいばかりの造形を創り出す

こんなシーンに出会うと、つい見入ってしまい時の経つのを忘れてしまう

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 13, 2005

憩いのひと時を撮る

ここ「寺家ふるさと村」は、実に早起きの方々が多い。よほど曇りとか、雨のときでもなければ、まず一番乗りということはありえない。見ず知らずの人同士でも、ハイキングの時と同じように気軽に挨拶し合う。みんな朝の気持ちよさを知っているのだろう。ちょっと離れて構え、“ここの空気に包まれている”というイメージで撮っている。時間がゆっくり流れているひと時である。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 12, 2005

霜の頃の愉しみ

風のない寒い朝、「寺家ふるさと村」では霜が降りる。これも谷戸の特性なのだが、一種の霧氷を作り出す。草丈位霜に覆われることは結構よくある。このような冷たい季節ほど、躍動感を発しているものが多い。この雑草は、すでに生きていないのかもしれないが、生のエナジーを感じ思わずシャッターを押したもの。今朝は風邪気味で朝起きることが出来なかった。良い感じの朝のようで、実に残念であった

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 11, 2005

光の流れを切りとる

寺家ふるさと村のシーンをお届けしているが、谷戸特有の霧の演出は、四季を通して実にすばらしいシーンを創る。秋では、それが色づいた雑木林に絡みつき、光の流れを作っていた。動きの感じる部分だけを強調してフレーミングしてみた。整備されている尾根をのんびり散策したくなる、魅惑的なシーズンのひとつである。

data1

| | Comments (4) | TrackBack (0)

静寂のとき

晩秋の頃、雑草たちが程よく色づいたグットタイミング。私は、本来派手な朱色をした「紅葉」というより、黄色やオレンジ、ブチになったような色彩が好きだが、このときの色は、上品で静寂に満ちていた。赤とんぼが、静けさをさらに強調している。心穏やかになるひと時。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2005

氷の造形

冷えた朝は、田んぼに氷が張ることがある。まるで氷のギャラリーのように様々な形を見せてくれ、一瞬、アカギレた手を忘れさせてくれる。様々な条件から生まてきた、冬の造形。冬の朝は厳しくつらい撮影のようだが、得られるものは大きい。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 08, 2005

緊張感を伝える

変調を予感するとき、一種の緊張感がはしる。写真にとっては狙いどころである。張り詰めたイメージを、ピークの部分だけを切り取ってゆく。空が、エネルギッシュに感じるシーンは心を強く動かされる。・・・・最後に、サッカー日本代表、夢をありがとう!

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

霧の魔法

田んぼのある谷戸では、一年を通して霧がたち易い。写真にとっては好都合な要素である。余計なのを隠し、必要なものだけを浮かび上がらせたり、幻想風景を演出したりすることが出来る。ノスタルジックな雰囲気をイメージし、胸がちょっとむずむずする気持ちを抑えながら撮っていることが多い。贅沢なひと時である。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 06, 2005

初夏の田んぼで遊ぶ

梅雨のシーズンを迎え、田んぼではすくすくと稲が育つ。緑のスクリーンが出来上がると、そこは生き物たちのサンクチュアリー。無数の昆虫やクモ、かえる、仕舞いには蛇までも登場して数々のシーンを作り出す。中でもクモは、朝露を利用してこの上ない造形を創り出す天才だ。毎年この季節、様々な表情を愉しんで遊んでいる。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2005

華やかな瞬間(とき)

春の始まり、華やかな頃のシーンが好きだ。いっせいに芽吹く新芽や、桜、レンゲソウや、雑草たち。色々な色彩の競演。「写真は引き算」という公式を無視して、多色を重ね合わせてみたくなる。一年で一番元気な季節を、精一杯演出出来ればと考えて撮っている。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 04, 2005

いきいきのびのび

生の躍動感を発するシーンが好きだ。その息吹と空気感を、ストレートに伝わるようイメージしながらじっくり時間をかけて撮っている。このため、通りがかりを“パシャ”という撮り方は得意でないかもしれない。もっとも、時間をかければ良いという事では、必ずしもないのだが。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2005

一杯の水分を浴びて

いよいよ湿気の多い季節となってきた。ジトジト気持ち悪いという部分もあるが、撮影にはとても良い効果を生み出す。水滴をアップに、または森一杯の水分をまとめてなど、色々楽しむ事ができる。田んぼのあるここ「寺家ふるさと村」は、格好のシーンである。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2005

University Place, WA, USA

大学の時にホームステイして以来、もう10回以上この地を訪れている。ちょうどシアトルの隣に位置したエリア。「寺家ふるさと村」での撮影とはまた一味違う、「よそゆき」の写真感覚で。昨年暮れ、クリスマスを過ごすために行った時のSunset。色が格別で、日本ではきっとお目にかかれない景色。月一くらいでお見せしてゆきたい。

data1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リスタートのとき

寒い冬が終わると、土の中や固いつぼみの中で待っているものなどが、いっせいに生の証を表現し始める。この瞬間は、一年を通じて一番力強く感じる時で、見ているこちらの方も「気分も一新頑張るぞ」なんて感じてしまうのである。

data2data1 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »