Oct 31, 2020

kiss

201018_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雨上がりの葉の上、そこにまた落ち葉がくっつき不思議な表情を見せてくれていました。ライトなkissみたい。

テカテカに輝く葉、そのもの自体が魅力的でワクワクしながら覗いていますが、ワンポイントが可愛い。

今朝はスルーしてしまいましたが明日は何とか晴天の朝を…⁉︎

 

| | Comments (0)

Oct 30, 2020

チクチク華

201018_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️秋に鮮やかな黄彩を魅せてくれる華、実になるとチクチクくっつく草ですが、毎年気になるモチーフの一つ。

背景の田んぼには雨水が溜まり、夜明けの中輝きを放っていました。もちろん収穫後ですが、まるで田植え頃のようです。

さあ週末、11月に入る日曜日に覗きに行く予定です。

 

| | Comments (0)

Oct 29, 2020

悦び

201916_6Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️秋らしいモチーフとしてススキは大好きです。ひらり舞うようなこの容姿には心を掴まれました。

鮮やかな背景彩と華によって、まだ始まったばかりの移ろいを表現しています。前後の配列が上手く存在してくれました。

徐々に深まる季節の変わり目を見つけています。

 

| | Comments (0)

Oct 28, 2020

201916_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️まるで粉を降ったような、濃い紅の葉を見かけました。移ろい時の魅力的なコントラスト。

紅の部分が浮き上がるようアンダー目に仕上げています。葉先をカットしたのも集中のため。

目を凝らしているとあちこちに魅惑が見つかる頃。

 

| | Comments (0)

Oct 27, 2020

脱季

201916_2Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️移ろいの中、微妙な彩が絡みあう魅力的なシーンを見かけました。どれもピークとは言えない曖昧なとき。

日の当たる前の、やや青みがかった世界観はこのシーンにマッチしています。コントラストはやや強めに。

この時期ならではの過程を愉しんでいきます。

 

| | Comments (0)

Oct 26, 2020

パステル

201916_1Canon EOS 6D Distagon T*28mmF2.8 / 寺家ふるさと村

▪️夜明け頃に柔らかいパステルの空、その彩に魅かれ何枚か切った中の一枚。

カッと鮮やかに染まったものも良いですが、グラデーションのかかった淡いこのような空がどちらかというと好み。

今週も少し前のちょっと秋彩から紹介していきます。

 

 

| | Comments (0)

Oct 25, 2020

深園

201010_3Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️谷戸の奥深くに見た深遠な世界、一見微妙な彩ながら魅せられてしまいました。

白とピンクはミゾソバでしょうか、彩りが残るギリギリのところまで抑え、イメージを再現しています。

スカッと快晴の朝はディープなシーンになってしまいました。

 

| | Comments (0)

Oct 24, 2020

脈いろ

201010_4Canon EOS 6D Vario-Sonnar T*80‐200mmF4/寺家ふるさと村

▪️移ろいは葉脈を伝って始まる、そんな典型的なシーンを見かけました。もちろん、力強く美しい。

気を衒わずど真ん中に、ここでは微妙なディディルを重視しています。背景のボケは相変わらず。

良い気候が更に秋を深めていくことでしょう。

 

| | Comments (0)

Oct 23, 2020

奥の穂

201010_2Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️谷戸の奥の方に残る稲穂、曇りの中深い彩を放っていました。刈り取り前の残りわずかなシーン。

コントラストはやや強めに、静かにたたずんでいる印象を柔らかく表現しています。少し前なのでもう刈られたかも知れません。

静かな朝を静かに満喫している時。

 

| | Comments (0)

Oct 22, 2020

混沌

201010_1Canon EOS 6D Planar T*50mmF1.4/寺家るさと村

▪️雨混じりの朝、初っ端から混ざり合う深い彩に出会いました。まさに移ろいの時、醍醐味です。

ここでは落ち着きをつくるため、奥行き感は残しつつ、最前面のライン上はフォーカスが来るようにしています。

さあ、またしばらくは私のホームから紹介していきます。

 

| | Comments (0)

«宿り彩